ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気の合うタイプはNG! 一緒に恋活するべき女友だちの特徴3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


遊び友だち、飲み友だち、趣味友だち……。いろんな友だち関係がありますが、じつは、恋活にも一緒に行動する友だちが必要。
ひとりではそれほど行動的に動けないもの。同じ目標に向かう同志と行動すれば、恋活もはかどるはずです。
そこで、一緒に恋活するべき女友だちの特徴をご紹介します。

1. 同じレベルのルックスでキャラがかぶらない

自分よりかわいくもなくそれ以下でもない、ルックスは同じくらいのレベルの人がいいのはもちろんですが、タイプや雰囲気が同じではダメ
「どっちがどっちだかわからない」「どちらでもいい」なんて思われてしまう危険があります。必ず違ったタイプの友だちと行動しましょう。
また、恋活友だちの年齢は、年上でも年下でもいいのでこだわらないこと。その方が出会いの幅が、より広がります。

2. 褒め上手や口のうまい女性

口のうまい女性は、男性を褒めていい気分にさせてくれます。もちろん、こちらのこともさりげなく褒めてくれるので、自分の評価も自然にアップ。
みんなが気分よく会話できる雰囲気が作れるので、自分たちの印象がよくなって、ふたりの周りに人が集まって来るでしょう。
そんな友だちは、きっと次につなげるのもうまいはず。よさそうな男性がいたら、どんどん友だちに協力してもらいましょう。

3. 違う業種や変わった趣味がある女性

同業の女性だと、必然的に世界が狭くなります。同業の男性を紹介してもらったら、知っている男性だった……なんてことを避けるため、恋活友だちには異業種の女性を選びましょう。
ほかの世界で生きている人は考えかたも違うので、恋活においても参考になることがたくさんあります。また、男性が多い業界で働いていれば出会いの数も増やせてラッキー。
さらに、友だちにマイナーな趣味があれば、そこに意外なつながりの男性が隠れていることも。英会話スクールに通っていたり、カメラにこっていたりなど、男性との接点が多そうな趣味を持っている女性は恋活友だちにもってこいです。
イイ男に出会うためには、一緒に行動する友だち選びがとても重要。横取りされたり、出し抜かれたりするような関係ではお互いにマイナスです。
腹黒い子とは行動しないで、メリットのある子と行動を共にする貪欲さを持ちましょう。他力本願のようですが、恋活は、ひとりで行うよりも友だちと協力したほうが、効率的でお互いにメリットが増える結果になります。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
彼をドン引きさせる、肉食女子の「猛烈アピール」
深追い禁止! 本気になる前に彼の気持ちを知る方法
「記念日ほったらかし彼氏」の対処法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP