ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セカオワ・ボカロにファン反発?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ロックバンド・SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseの歌声をもとにしたボーカロイド歌声ライブラリ「VOCALOID4 Library Fukase」が開発中であることが発表された。

【もっと大きな画像や図表を見る】

ボーカロイドといえば、用意された音声を組み合せ、自作の楽曲を歌わせることができるツールのこと。「初音ミク」などが代表的だが、「VOCALOID4 Library Fukase」を使うことで、Fukaseの歌声で楽曲制作が可能となるわけだ。

人気バンドのボーカリストのボカロ化ということで、ツイッターでは、

「あー、違和感無くボカロになりそう、Fukaseクンの声質なら」
「俺ボカロ好きじゃないけどあのFukaseがボカロ化するんなら喜んで聴く」

と、喜ぶファンも多いが、一方で、

「Fukaseのボカロとかまじでやめてほしい」
「う、嘘だろ・・・・・!? 嘘と言ってくれ・・・・・!!!」
「感じ方は人それぞれだが、俺はセカオワの魅力はそこじゃないと思っていた」
「いらないよー!Fukaseの声はonly oneだから良いのにな」

など反発の声も少なくない。

ボーカロイドとなれば、バンドの世界観とはまったく違う楽曲であってもFukaseの歌声で再現することが可能になる。ファンにしてみたら、必ずしも歓迎できることではないのかもしれない。

ちなみに、「VOCALOID4 Library Fukase」のシンボルキャラクターはイラストコミュニケーションサービス「pixiv」で一般公募中。応募は8月31日までとなっている。
(小浦大生)
(R25編集部)

セカオワ・ボカロにファン反発?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

セカオワライブ座席名も「中二病」
セカオワ「ドラゲナイ」なぜ人気?
小林幸子ボカロ登場にネット大歓迎
ボカロで“珍曲”即作成がブーム?
学校教育ボカロ導入で熱い議論勃発

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。