ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ナニコレ】突如、フランスの街のど真ん中に「ローラーコースター」現る!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランスの地方都市ナントにある広場、「Place du Bouffay」にいきなりローラーコースターのようなものが現れ、話題になっています。
しかし、よく見るとどうやら乗り物ではなさそう。座ることはできそうなんですが。

 よく見ると…。これは、椅子?

実はこれ、アーティスト集団「Baptiste Debombourg 」によるインスタレーション。周辺のカフェやレストラン6店舗ともデザインを共有しており、合計1,200個ものカラフルな椅子が使われているようです。

作品自体は、抽象絵画の先駆者のひとりとしても知られているアーティスト「ロベール・ドローネー」氏によって1937年のパリ万国博覧会の際に設置されたインスタレーション「Palais de l’Air」に影響を受けているのだそう。

当時は音や水、光を使った華やかな「祭典」として話題となりましたが、スペイン内戦中だったこともあり、タイムリーに作成されたピカソの作品「ゲルニカ」が展示されるなど、後に議論を呼ぶような要素がたくさんあるイベントだったようです。

展示は2015年8月30日まで行われています。ナントの街に立ち寄る機会があれば、ぜひ1937年と今との違いに想いを馳せてみては?

Licensed material used with permission by CREDIT PHOTO : “STELLAR – Baptiste Debombourg
Place du Bouffay at Nantes – 3 july to 30 August 2015″
Contextual installation in ” le Voyage à Nantes”/ “Nantes, Take the journey !”
25x15x11m / 1200 chairs, 6 restaurants – cofee, 6 colors, courtesy Galerie Patricia Dorfmann – Paris, production Le Voyage à Nantes

関連記事リンク(外部サイト)

「売れ残りの食料品、捨てたら罰金」。満場一致で決まったフランスのエコな法律
崩れ落ちる「男のプライド」。彼氏を黙らせるNO.1映画がついに公開!
日々の生活に刺激がないと思うあなたが、見直すべき「名作映画10選」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP