ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今夏、大注目のほんのり甘い「メープルウォーター」。熱中症対策にも◎!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ココナッツウォーター、アーモンドミルク、そして次なるブームの兆しを見せているのが「メープルウォーター」です。最近、欧米を中心に人気が高まりつつある、この水の存在を知っていましたか?

見た目はミネラルウォーターそのもの。口にすると、ほとんど無味無臭。でも、ほんのりした甘みが舌先に感じられます。飲み心地もスッキリなので、ココナッツウォーターに抵抗を感じた人でも、これなら気にならないはず。

その名の通り、メープルツリー(カエデの木)の樹液を採取しただけの、100%天然のメープル水。もともとは、カナダの先住民たちがメープルツリーの樹液を飲んでいたようで、体の免疫力を高める効果は古くから見出されていたようです。ちなみに、メープルシロップはこの樹液を煮詰めて作られたもの。

ところでなぜ今、このメープルウォーターに注目が集まっているのか?それは、カエデの木を通って自然から汲み上げられる豊富な栄養素にあります。その数およそ46種類以上。
例えばビタミン、ミネラル、アミノ酸、さらには抗酸化作用のあるポリフェノールがたぷり。さらには、運動や発汗で体から失われていく電解質補給にも効果的。つまり、熱中症対策のこの時期に最適なお水なのです。
Wild Foodism」には、メープルの樹液が骨粗しょう症、胃潰瘍、さらには二日酔いを予防する効果などの研究結果を例に挙げ、メープルウォーターの健康上の利点を紹介。大注目の理由に納得。
ただし、忘れてはいけないことは、天然の甘さとはいえメープルウォーターには多少なりとも糖分が含まれていること。いくら体にいいといっても、ミネラルウォーターのように、一日のうちにたくさん飲んでもいいという訳ではない。という点だけは覚えておくといいかも。

カナダケベック州の森で生産される、人気ブランド『SEVA』の公式サイトでは、メープルウォーターを使ったスムージーやフレーバーティーの紹介をしています。この他、自然の甘みを活かしたフルーツのコンポートやパンケーキ、スペアリブなどのレシピも。

熱中症対策は、塩分ばかりに気が行きがちですが、塩分と糖分のバランスがカギ。メープルウォーターを製氷トレーで凍らせて、コーヒーやアイスティーに入れるなど、自分なりにアレンジするのも楽しみのひとつかも。
輸入食材店や高級スーパーでは、1,000ml入りで500円前後で販売されています。決して安いものではありませんが、気になる人は是非、試してみて。

Reference:SEVA , Wild Foodism

 

関連記事リンク(外部サイト)

【信じられる?】若さと健康を保つカギは自分の食べたいものを食べること。
メキシコ料理を家めし風にアレンジ。簡単「チリコンカン」は、ふたつのスパイスが決め手!
毒素を出すために食べる!カラダを整える万能食「ローフード」6つの魅力

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP