ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松山ケンイチ ひろし、Lほか2次元キャラに見事ハマる演技力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 実写ドラマとなって帰ってきた昭和の名作漫画『ど根性ガエル』(日本テレビ系)。俳優陣が二次元キャラクターをどう演じるか。平面ガエルのピョン吉は実写版でどこまで活き活きと描かれるのか。期待と不安が入り交じる中でスタートを切って約1か月半が経ったが、視聴者にはおおむね好意的に受け入れられているようだ。特に、主人公ひろしを演じている松山ケンイチ(30)への評価が高い。

 ドラマ評論家の成馬零一さんも、松山の演技に好印象を抱いている。

「漫画やアニメ原作の実写作品は、観ている人の頭の中にすでにキャラクターのイメージができ上がっています。そのため、実写化で新しい色を付けた時に、原作ファンから嫌われてしまうことが少なくありません。役者さんがこの壁を乗り越えるには、観ている側に演技であることを意識させないくらい、いい演技をする必要があります。その役者さんがうまいか下手かもわからないくらいがちょうどいいのです。今回の松山さんは、そのことに成功しています。最初は私も『松山ケンイチ演じるひろし』と意識して見ていましたが、すっかり松山ケンイチであることを忘れてお調子者の『ひろし』そのものとして見ていますから」

 松山が漫画のキャラクターを演じるのは珍しいことではない。これまでも映画版『デスノート』や『デトロイト・メタル・シティ』などの作品で二次元キャラをうまく演じ、高く評価されてきた。特に『デスノート』のL役は、カリスマ的人気を誇るキャラクターということで演技のハードルは高かったが、結果的に原作ファンをうならせるほどの“はまり役”っぷりを見せた。現在放送中のドラマ版『デスノート』(日本テレビ系)は設定を変えていることもあり山崎賢人演じるLの評判が芳しくないが、それによって過去に同じ役を演じた松山を再評価する向きさえある。

 松山が難役である二次元キャラをうまく演じられるのはなぜか。

「現実感のない、ちょっと変わった人の役がとても上手ですよね。松山さんは、寅さんみたいな風来坊やテロリストといった異形の存在を演じることが多いですが、こういった現実感のない存在にリアリティを持たせて演じることができる稀有な俳優です。見た目が派手というわけではありませんが、演技で見せる標準語ながらどこか青森のなまりが残ったようなしゃべり方や、手足をばたつかせたりするオーバーアクションが独特なので、記号的なメイクや衣装を身にまとうと見事にハマります。だから、漫画原作のキャラクターと相性がいいのかと思います。

 そうでありながら、ビジュアルは必ずしも実際のキャラに寄せてるわけじゃない。たとえば『銭ゲバ』の蒲郡風太郎は原作漫画では太っていて痩せた松山さんのルックスとは違いますが、誰もが風太郎がここにいると感じる圧倒的な存在感を見せていました。『ど根性ガエル』のひろしにしても、マンガやアニメのひろしではなく、松ケンのひろしになっている。ひとつの役に真摯に向き合っているからこそ、それが自然に表現できるのだと思います」(成馬さん)

 松山の好演は他の俳優陣にも良い影響を与えているようだ。母親役の薬師丸ひろ子(51)、「でヤンス」が口癖の五郎を演じる勝地涼(28)、ピョン吉の声のみの出演だが撮影現場にも駆けつけるという満島ひかり(29)など、成馬さんは松山以外のキャストにも細部へのこだわりが感じられるという。

 ただ、気になるのは視聴率だ。2012年のNHK大河ドラマ『平清盛』以来、低視聴率男のレッテルを貼られた松山は、今回も視聴率では苦戦している。初回こそ13.1%だったものの、回を追うごとに下落傾向にある。第3話の6.4%はフジテレビの27時間テレビが始まったばかりの時間帯ということで参考外としても、この先が気になるところだ。しかしこの点に関して、成馬さんは「気にする必要はない」と言う。

「今は10%行けば合格という時代。それにプラットフォームが変わっていて、録画やネット配信で観る人も多い。視聴率と作品の評価はわけて考えるべきでしょう。作り手の方は苦しいかもしれませんが、作品は終わってから評価されるものなので、最後まで頑張ってほしいですね」

 作品の評価の割に視聴率が付いてこない逆境を“ど根性”で跳ね返すことができるか?


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
視聴率好調の綾瀬はるかドラマ その理由をテレビ評論家解説
松嶋菜々子 パブロン3代目キャラ就任で「光栄です」と笑顔
小雪&松山ケンイチ「ひとりになる時間が必要」と同棲解消

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP