ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

がん再発の不安尽きず孤独だった森進一に希望を与えた39才OL

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 歌手・森進一(67才)に新たな恋人が発覚した。お相手は、39才のOLで実に28才年下、2年近くの交際だという。

 2005年に森昌子(56才)との19年にわたる結婚生活に終止符を打って以降、森の私生活は寂寥としていた。知人によれば、公演時期を除いた彼の一日のスケジュールは、判で押したように以下の繰り返しだという。

 朝4時起床。仏壇に炊きたての白米を供える。30分のウオーキングののち、シャワーを浴びて朝食。掃除洗濯、花の水やり。10時から読書。12時に昼食を済ませ、外で仕事の打ち合わせなど。17時に帰宅。自炊の夕食。21時就寝──。

 6月末、『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した森は、ある日の夕食の献立を紹介した。白米と焼き魚、きんぴらごぼう、肉じゃが、味噌汁。残った分はパックして冷蔵庫に入れ、翌日食べるという。大豪邸で、たったひとりで。

「森さんは人の集まる飲み会などにはまず顔を出しません。外食も基本はひとり。昔から“生と死とは”とか、“人の業とは”といった話が多い。歌手もいいけど坊さんになればよかったねといわれる人です」(音楽関係者)

 前妻の元で暮らした3人の息子たちは、既に独立している。長男でロックバンド『ONE OK ROCK』のボーカル・TAKA(27才)を含め、子供らとの関係は悪くない。森の家に遊びにくることもある。しかし、泊まることはない。

 森の生活は、高齢化の進む日本社会を象徴している。現在この国の65才以上の高齢者は3300万人。過去最高の数字である。その高齢者のうち、独身者は550万人。

 8年前、上野千鶴子著『おひとりさまの老後』(文藝春秋)がベストセラーになり、今年4月の下重暁子著『家族という病』(幻冬舎)は50万部を超えた。

「ひとりで自由きままな老後生活を満喫すべし」
「家族というしがらみから脱せよ」

 両書が説く主張に、家事、料理、人との交際まで、ひとりで生きる術を有する女性たちは喝采を送った。しかし、男はどうか。妻が去ると、料理もできず、主食はコンビニ弁当に。酒量は増え、洗濯やアイロンもままならないまま不摂生が続く。

 熟年離婚した男性は、有配偶者に比べて9年も寿命が縮まるというデータもある。“おひとりさま”を好み、アイロン掛けをする森だが、高齢者の不安から逃れられない。20年以上C型肝炎の闘病を続け、体調は長く安定しなかった。3年前には肺がんの手術をした。いつ再発するか、不安は尽きない。

「数年前、夜中に階段から転げ落ちて、肋骨を折りました。翌日マネジャーが仕事の迎えに来るまで身動きがとれなかった。携帯で連絡もできなかったそうです」(森の知人)

 ひとり暮らしの心掛りを森は知人に漏らしたという。おれは、このままひとりで朽ちていくのか──。

 その森に、一条の光を射しこんだのが、芸能人ではない39才のOLだった。

「彼女と出会って、森さんはずいぶん変わりました。明るくなった。“誰かと一緒にご飯を食べるっていいもんだよね”って、しみじみと。海外へ一緒に行く計画も立てているみたいですよ。“どこがいいかなぁ”と、話してました」(森の知人)

※女性セブン2015年8月20・27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小泉進次郎議員 行きつけのバーで父と同じくひとり反省会
「友だちいないは恥ずかしい?」と孤独について問いかけた本
吉高由里子 朝ドラ撮影後ひとり焼き肉でキムチ鍋などペロリ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP