ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

二世アナウンサー大好きのフジテレビ 果たしてその狙いは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、フジテレビ系列に二世アナがなぜか多い理由とその意図を考察。

 * * *
 藤井フミヤの息子がフジテレビのアナウンサーに内定したという女性誌の記事を読み、引っくり返りそうになった。

 それでなくてもフジテレビは二世アナが大好き。最近では、元サッカー日本代表でスポーツキャスターの永島昭浩氏を父にもつ入社2年目の永島優美アナが真っ先に浮かぶ。

 入社前から同局の編成マンたちが「すごくいいらしい」と楽しみにしていて、早々に『めざましテレビ』のレギュラー陣に加えたり、先日の『27時間テレビ』ではMCに抜擢されたりと、ポスト・カトパンともいうべき存在。サッカー選手の娘だからか、日本代表の試合をフジテレビが中継するときにも出て来るのだが、これといって、いいところはない。まぁ当たり前か、彼女自身がサッカー選手だったワケではないのである。選手にインタビューをしたような経験もないのだから、当たり障りのないことしか言えなくても仕方があるまい。

 さらには『ユミパン』の視聴率が1%台にまで落ち込み、「お嬢さま育ちのせいで自分を出せていない」とネットニュースで叩かれたのも記憶に新しい。

 また、アスリートの二世ということでは、フジテレビには田淵裕章アナもいる。父は阪神タイガースや西武ライオンズで活躍し、監督やコーチとしても活躍した田淵幸一さん。母は元祖ハーフモデルともいうべきジャネット八田さんだ。

 田淵アナは最近でこそ、バラエティー番組でイイ味を出し、タレントたちにツッコまれているが、安藤優子と『スーパーニュース』に出ていた頃、体調不良で無期限休養を取ったことがある。病名は明かされなかったが、メンタル面ではないかと取りざたされたものである。

 二世ではないが、「こんなイケメンがいるのか」と入社前から有名だった生田竜聖アナはジャニーズの生田斗真くんの弟。イケメン若手アナとして育てようと思った矢先、先輩の肉食系女子アナ・秋元優里アナとデキ婚。周囲を落胆させたものである。

 さらには高橋真麻の失敗もあったではないか(苦笑)。なのにフジテレビがなぜ二世アナにこだわるのかといったら、それは高島彩アナの大成功があったからに他ならない。彼女は『食いしん坊バンザイ』の2代目・食いしん坊で、俳優の竜崎勝さん(故人)の長女。

 ルックス、仕切りのうまさ、アナウンス技術の高さなど、フジテレビの歴代アナウンサーの中でもトップクラスだったのは認めるが、だからといって、このジャンルにおいて、二匹目のドジョウは居ないはず。

 バラエティー番組と異なり、情報番組やニュースショーで、アナウンサーが父娘共演とか、兄弟共演をしたところで、そこに数字があるとも思えない。

 唯一、生田斗真くんと竜聖アナにはちょっと数字があったようにも思うが、斗真くんのキャラクターや仕事を考えると、そう頻繁に共演の機会はなさそうだ。

 系列局でも、東海テレビには女優の本仮屋ユイカの妹、本仮屋リイナがアナウンサーとして採用されている。以前、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に揃って出てくれたときには、「お姉さんよりカワイイ」との声が視聴者からあがったものだが、先日、『志村魂』の囲み取材が名古屋で行われた際の彼女のインタビューの面白くなさは、他局のスタッフの間でも評判となっていた。「本仮屋ユイカの妹」と言われても、タレントたちも困るしかない…。

 そうそう、静岡第一テレビには大木こだまの娘・西山加朱紗アナがいた。日本テレビ系列なので、『情報ライブ ミヤネ屋』を川田裕美アナ(当時)が休んだときにピンチヒッターで一日だけ登場したのが全国ネットデビュー。父は芸人なので、こだま師匠のほうはネタにできるだろうが、娘の西山アナがそれをネタに出世できるとは、やはり考えにくい。

 実は件の『踊る!さんま御殿!!』では、「二世大会」がキラーコンテンツで、親子出演しなくても、「〇〇の娘」「〇〇の息子」というだけで、それが無名の俳優であってもミュージシャンであっても数字があるのだ。

 それは彼らの幼少期のとんでもなく派手なライフスタイルだったり、大物である親の素顔が垣間見えるから面白いのであって、やはり、局アナの娘や息子がそのようなエピソードを語るワケにもいかないだろうし、たとえ語ったとしても、視聴者からやっかみを言われるのがオチだろう。

 まさかフジテレビは藤井フミヤとアナウンサーの息子を『水曜歌謡祭』や『ミュージックフェア』で共演させて…なんてことを考えているのではあるまいな。

 そういえば、フジテレビの黄金期をドラマヒロインとして支えた浅野温子の息子、魚住優アナは、フジテレビではなくNHKのアナウンサーになり、各地の放送局で活躍しているが、もちろん、「浅野温子の息子」で売ったりなどはしていない。

 もう一度、言う。タレントやアスリート、歌舞伎役者などの親子共演や二世の出演に数字はあるが、アナウンサーに、それはない。

 もしも話題性だけで「〇〇の息子」「〇〇の娘」を採用しているというのなら、必死にアナウンス技術を磨いている他の学生たちが気の毒すぎる。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
チノパン 背中のぱっくり開いた黒のドレス姿でセレブ感満載
戸部洋子&森本さやかアナの結婚披露宴“勝負服”2ショット
TVではもう見られない宮瀬茉祐子さんの最新着物姿をキャッチ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。