ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【孤独のグルメ】江東区門前仲町のやきとり / つくねを生ピーマンで包む『庄助』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

つくねとピーマン

焼鳥にも色々あるが、本当に美味しいと思える「つくね」に出会うことは稀だ。つくねに力を注いでいる焼き鳥屋は少なく、どうしてもつくねは脇役になりがちなのである。

・つくねを食べよ!!
しかし、東京都江東区門前仲町の『庄助』に行ったならば、つくねを食べずして帰るわけにはいかない。つくねを食べるために遠方から『庄助』を訪れる客も多くいるほどである。テレビドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった店でもあり、ドラマの監督が常連になっている店でもある。

・ふわふわのつくね
ここのつくねは串に3個の肉団子が刺さっており、非常にふわふわ。どうすればここまでふわふわのつくねが作れるのか!? 驚くほどふわふわである。

・天国にいるかのよう!!
このつくねを串から取り外し、生のピーマンに入れ、唐辛子をかけて、てそのままガブリとかじりつく。これがもう、天国にいるかのような、最高のウマさ。

・つくねとピーマンの組み合わせ
「焼鳥を串からはずして食べるなんて許さん!!」という人もいるとは思うが、悪いことは言わない。ためしにやってみてほしい。あまりにも美味しいため、つくねとピーマンの組み合わせで注文する人が殺到している。

・熱々の焼鳥を堪能
お店のオススメは、焼鳥の7本セットと生ピーマンの組み合わせ。あとは好きなお酒を注文して、順番に焼かれる熱々の焼鳥を堪能する。

・別次元のウマさ
つくねも極上だが、生ピーマンで包んだつくねは別次元のウマさ。どのように美味しいのか、具体的に説明しよう。

・なかなか新鮮な体験
ひとくち食べると、生ピーマンのキュキュッとした弾力ある食感が、心地よさを感じさせてくれる。生でピーマンを食べる機会が稀なので、なかなか新鮮な体験だ。

・繊細な鶏肉の旨味
そして生ピーマンが圧力に負けてボクッと音を立てて崩壊した瞬間、つくねの綿のように柔らかい食感とともに、繊細な鶏肉の旨味が広がる。その旨味を際立たせるのが、生ピーマンの苦味と、唐辛子の辛味である。

・ひとつひとつの粒子
つくねが限りなくふわふわなため、口の中で一気に広がって旨味を伝える。ひとつひとつの粒子が粗いので、つくね特有の粒の食感も楽しい。確かに、これはヤミツキになる。

・新規の客も多い
ちなみに、『庄助』には生ビールがない。なので初めてきた客は「生ビールないんですよ。うちは瓶ビールになります」と言われる。けこう多くの客が同様のセリフを言われていたので、常連に混じりつつ、新規の客も多いようだ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/08/07/kodokunogurume-season1-1/

庄助
住所: 東京都江東区富岡1-2-8
時間: 17:30~23:00
休日: 土日祝
http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13065350/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP