ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【最強グルメ】これがラーメン二郎の超大盛り『鍋二郎』だ! その注文方法を伝授

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デカ盛りのラーメン屋というば『ラーメン二郎』だ。野菜、脂、ニンニクなどを無料で大盛りにすることができ、その濃厚な味には多くのファンが存在する。『ラーメン二郎』マニアを意味する「ジロリアン」という言葉も生まれたくらいである。

・鍋二郎と呼ばれている裏メニュー
そんな『ラーメン二郎』には、鍋二郎と呼ばれている裏メニューがある。一部店舗にしか存在しない裏メニューで、東京都内では『ラーメン二郎』目黒店の鍋二郎が有名である。営業時間内であればいつでも鍋二郎を受け付けている。以下は、鍋二郎の注文方法である。

・ラーメン二郎目黒店で鍋二郎を注文する方法
1. 蓋付きの鍋を持参する
蓋がない鍋は、周囲に強烈なラーメンのニオイを放出するだけでなく、大量に入ったラーメンが溢れることがあるので、必ず蓋付きの鍋を持参すること。

2. 鍋を見せて何人前くらい入るか聞く
鍋を店員に見せて、何人前くらい入るか聞くこと。2度目であれば、前回と同じ人数分を言えばよい。聞かずに注文すると、入りきらなかったり、量が少なかったり、いろいろと不都合が生まれる。

3. 人数分の食券を買う
鍋に入る量がわかったら、人数分の食券を食券機で購入する。目黒店はラーメンが激安なので経済的だ。ちなみに、行列ができている場合は、店内で食券を買う順番がくるまで、ちゃんと行列に並ぶのがマナー。行列を飛ばして鍋二郎を注文する人はいるし、店も対応してくれるが、ちゃんと並ぶことで他の客の心象を悪くしないで済む。

4. 食券を渡す
食券が出てきたら、それを店員に渡して待つ。混んでいるときは外で待ったほうが良いが、店から離れすぎるとコール(トッピングの有無や量を聞いてくる行為)を聞き逃すので、できるだけ店の入り口付近にいたほうがよい。もちろん邪魔にならない場所に立つこと。

5. 鍋を受け取って店を出る
コールのあとに鍋を受け取り、店を出る。かなりタプタプに入っているのでこぼさないように気をつけよう。客にぶっかけてしまうと、予期せぬトラブルに発展する可能性がある。

・湯気が出ないほど分厚い油膜
鍋二郎は、見た目もスケールも凄い! スープとして大量の脂が投入されており、湯気が出ないほど分厚い油膜がはっている。チャーシューも麺もガッツリぶち込まれているので、気になる人は注文してみてはいかが?

噂によると、強烈なラーメン二郎マニアは、鍋二郎を冷凍保存し、いつでもラーメン二郎のラーメンが食べられるようにしているらしい。そこまで凄いマニアがいるとは驚きだ。

https://youtu.be/TjeiKauHF8I

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/08/07/nabejiro/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP