ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Song Review: 1D始動!4人で再スタートをきった初のシングル「ドラッグ・ミー・ダウン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ワン・ダイレクションがついに始動した。2011年のデビュー盤『アップ・オール・ナイト』から、昨年リリースした4thアルバム『フォー』まで、全作がアメリカをはじめ、オーストラリア、スウェーデンなどでNo.1デビューを果たし、この4年で瞬く間にトップスターに上り詰めたワン・ダイレクション。

 “11月は1D”

 これまでリリースした4枚のアルバムが、すべて11月リリースだったことで、毎年11月には彼らの新作が拝めるのを、ファンも心待ちにしていたのだが、今年はゼイン・マリクの脱退という衝撃のニュースが飛び込み、秋にリリースされるオリジナル・アルバムのリリースも危ぶまれるのでは…と、焦燥感に駆られていた。そんな不安も束の間、夏先にリリースされるアルバムからの先行シングルを、今年も“みんなとの約束どおりに!”と言わんばかり、届けてくれたからだ。

 タイトルは「ドラッグ・ミー・ダウン」。全米のトップ・アーティストであるビヨンセやドレイク等にならって、“広告・宣伝、予告ナシ”というサプライズ形態でリリースし、82か国のiTunesチャートで首位デビュー、ツイッターのトレンド入りも果たすという、たった1週でとてつもない記録を打ち出す好スタートをきった。

 また、僅差でリリースされた、ワンダイの弟分こと5SOS(ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー)の新曲「シーズ・カインダ・ホット」も絶好調で、その勢いを受けてか、7月30日にラジオ各局で解禁されてから、すさまじい勢いで流れまくり、大都市のFM局を彼らのサウンドが席巻するという、“1Dフィーバー”を巻き起こしている。

 デジタル・ダウンロード、ラジオ・マーケットに続き、ストリーミング・サービスのスポティファイでも、今年12週間のNo.1をマークした、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン」の記録を抜いて、歴代首位の座を略奪するという快挙を成し遂げた。チャートを支配する主要チャートで3冠を達成、次週はもしかすると、TOP10入り…、TOP5入りでのデビューも期待できそうな「ドラッグ・ミー・ダウン」。

 8月4日、米情報番組『グッド・モーニング・アメリカ』に出演し、メディアで初披露されたのも記憶に新しいが、印象的だったのは、リリースされたばかりだというのに、会場全員で大合唱をするという熱狂に包まれたことだ。ゼインの脱退がまったく影響下にないとはいえなくもとも、彼らをみつめる少女たちの目が輝き続けているのは、1Dのメンバーが、4人になってもブレることなく、そのスタイルを貫いていること。

 とはいえ、延長線上にただ居座るだけではない。「ドラッグ・ミー・ダウン」は、これまでのヒット曲に携わる、ジェイミー・スコット、ジョン・ライアン、ジュリアン・ブネッタがプロデュースを手掛けているが、サウンドは、どこか1Dらしくない。レゲエっぽいギターリフが印象的で、ポップなんだけど、どこかクラブ・オリエンテッドな作り出しが、アイドルからアーティストへ、これまでとの違いを明らかにする、彼らの印象を覆すサウンドに仕上がっている。

 脱退後、早くもソロ活動の報道が絶えないゼインも、「ドラッグ・ミー・ダウン」をツイートで絶賛し、メディア上で話題をよんでいる。楽曲としてのクオリティの高さ、彼らのチームワークがこうして確認できたところで、秋にリリースされる、4人の独自性をさらに深化させたニュー・アルバムがさらに楽しみになってきた。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

ワン・ダイレクション、新作アルバムからの1stシングルを突如リリース
ゼイン・マリクがワン・ダイレクションの新曲「ドラッグ・ミー・ダウン」を絶賛
ゼイン・マリク、リアムに向けワン・ダイレクションの5周年を祝う

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP