ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アムステルダムから、自転車を使ったエコでローカルな配送サービスが誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オランダの首都アムステルダムは、世界を代表する自転車都市。

住民の75%が1台以上の自転車を所有し、都市全体の自転車保有台数は、およそ88万にものぼる。

・自転車を活用したエコでローカルな配達サービス

このようなアムステルダムの“地の利”を活かしたP2P型の宅配サービスが「Tring Tring(トリング・トリング)」だ。

カフェレストラン「SLA」や精肉店「De Pasteibakkerij」、ジュースバー「ROOTS Amsterdam」など、アムステルダムに拠点を構える22カ所のレストラン・ショップが提携。

ローカルビジネスと地元の消費者をつなぎ、地元経済を活性化させようと取り組んでいる。

具体的な流れとしては、消費者がスマートフォンアプリから、Tring Tringの提携店舗で欲しい商品を注文。

クレジットカードもしくはPayPal(ペイパル)でオンライン決済されると、60分以内に指定場所に商品が届く。

Tring Tringの特徴は、Tringer(トリンガー)と呼ばれる一般のサイクリストが、配達を担当している点だ。

自転車とスマートフォンさえあれば、誰でもTringerとして登録可能。

配達1件あたり5ユーロの報酬が支払われる仕組みとなっている。

・他の自転車都市でも応用できそう!

InstacartやNimberに代表されるように、シェアリングエコノミー(共有経済)を活用した配達サービスはすでに広がっているが、Tring Tringは、配送手段を自転車に限定し、環境負荷にも配慮している点が秀逸。

とりわけ、コペンハーゲンやベルリンなど、自転車に優しい都市部で、応用できそうな取り組みといえよう。

Tring Tring

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP