ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外と忘れがち?出発2週間前にあなたが確認すべきこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: MementMori「バルカン半島3カ国をゆったりトリップ

こんにちは、TRiPORTライターの新田浩之です。

いよいよ夏も本番ですね。学生、社会人問わず海外旅行に出かける人も多いのではと思います。ここで、皆さんにいくつか伝えておきたいことがあります。私は今まで海外に行く中で、トラブルに直面し右往左往する観光客を見てきました。もしかしたらそのトラブルは事前に準備をしておけば、避けることができたのかもしれません。今回は、旅行2週間前に確認しておきたいポイントをまとめて紹介します。

①海外旅行保険には必ず入りましょう

まずはじめに、必ず海外旅行保険には加入しましょう。「短期間だから入らなくても大丈夫」という声もありますが、環境が大きく異なる海外では、何が起こるかわかりません。もし現地で何か治療を受けることになった場合、保険に加入していないと高額の治療費がかかってしまいます。

また「クレジットカードに保険が付いているから大丈夫」と、思っている人も少なくないようです。しかし、クレジットカードの保険だけに頼るのは極めて危険。なぜなら、クレジットカードに付帯している保険は、一般の海外旅行保険と比較すると圧倒的に補償額が低いのです。保険金を安く抑えたい人は、クレジットカードの補償額や補償内容にプラスアルファをする形で、旅行保険をカスタマイズするといいでしょう。

photo credit: E-Commerce Visa (Test tamron 17-50 2.8) via photopin (license)

②クレジットカードを要チェック

私が4年前にウィーンへ訪れていたときのことです。博物館でとある学生グループにこう聞かれました。

「暗証番号がわかりません。どうすればいいのでしょう…?」と。

暗証番号は本人でなければわかりません。当然、その辺の人に聞いてもおしえてはくれないでしょう。日頃、クレジットカードを使わない人は要注意。出発前に必ず暗証番号を確認しておきましょう。これは案外、準備段階において盲点になることです。

それに加えて、利用限度額の確認もしておきましょう。クレジットカードはあらかじめ決められた限度額を越えて買い物をすることはできません。旅行をする1ヶ月前の間にカードを使っていると、海外で使える額は下がっていきます。万が一、使用できる利用限度額が低い場合は、クレジットカード会社に連絡して上限を上げてもらいしょう。ただし、審査が必要ありますのでご注意ください。

なお、一部のカード会社では学生向けに、海外旅行で支払った額の一部がキャッシュバックとして戻ってくるサービスがあります。これは旅行前に事前登録が必要なので、早めにチェックしておきましょう。

photo credit: It´s Time… via photopin (license)

③携帯電話は「お預かりサービス」を確認しよう(長期旅行者向け)

海外旅行で悩ましいのが携帯電話。私も帰国してから、高額な請求書が届くなどの失敗を繰り返しましてきました。そのとき、助けになるのが「電話番号、メールアドレスお預かりサービス」。これは低額で携帯電話を「休止」にするサービスです。「休止」ですので、メール、電話、データ通信はできません(Wifiは使えます)。事務手数料(数千円)+保管料(月々数百円)で利用でき、番号も保存されるので大変便利です。

ただし、携帯の使用料金は日割りではないので、サービスを利用するタイミングも重要になります。2週間前にサービス内容と携帯料金の締め日を確認して、「休止」にするタイミングを決めておきましょう。

最後に

旅行中のトラブルは極力避けたいものです。あらゆる情報を集め、避けられるトラブルはつぶしておきましょう。また、技術やサービスは日々進化しています。「進化」を取り入れるのも「旅行上手」になるコツかもしれませんね。

ライター:新田浩之
Photo by: MementMori「バルカン半島3カ国をゆったりトリップ

関連旅行記

*MementMori「バルカン半島3カ国をゆったりトリップ
*Mayu「おひとりさま優雅旅-ohAustria&Germany&Finland-

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP