ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コンピューマ、竹久圏(KIRIHITO / GROUP)とともに初のオリジナル音源をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これまでADS(Asteroid Desert Songs)やスマーフ男組、さらにはDJとして活躍してきたコンピューマが、マンをじして、ついに初のオリジナル音源をリリースする。

今作はなんと京都の老舗茶問屋、宇治香園の創業150年を記念して制作されたものだという。

タイトルは『SOMETHING IN THE AIR the soul of quiet light and shadow layer』リリースは9月19日(土)に予定されている。

本作は前述のように京都の老舗茶問屋の150周年記念として制作されたもの。今回はKIRIHITO、GROUPなどの活動で知られるギタリストである盟友、竹久圏とともに京都府南部の山間の茶園でのフィールド・レコーディング、そしてギター演奏を中心に、エレクトロニクス、加工編集ミックスを施して制作。イマジナリーでランドスケープな、茶園に捧げられた音のドラマに。

ちらりと聴いたところ、これはムムムなフリー&音の楽しみに満ちた音楽空間が広がっています。

また、今作のアートワークはこれまでコンピューマとともに、ミックスCDのジャケット、フライヤーやTシャツなど素敵グッズを生み出すなどなど縁の深いクリエイターたちが集合。近年、国際的な評価も高まっている画家・五木田智央による書き下ろしと、写真家・塩田正幸、デザイナー・鈴木聖が担当。こちらも茶と音と光の出会いによる記録ともなっている。

リリースまであと1ヶ月ちょっと、しばしまたれよ!
(河村)

・リリース・インフォ
http://compuma.blogspot.jp/2015/08/compuma.htm

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP