ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

G.馬場に32文ロケットを教えた恩人 G.土門説とP.モラレス説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャイアント馬場とアントニオ猪木、ふたりのスーパースターの活躍を軸として日本プロレスの軌跡を振り返る、ライターの斎藤文彦氏による週刊ポストでの連載「我が青春のプロレス ~馬場と猪木の50年戦記~」。今回は、ジャイアント馬場のトレードマーク十六文キックに続く必殺技、32文ドロップキック(32文ロケットとも言う)の開発秘話を明かす。

 * * *
 ジャイアント馬場は、昭和38年の『第5回ワールド大リーグ戦』に初出場。1年8か月間のアメリカ武者修行の旅を終えて帰国した馬場は、このリーグ戦からリングネームを本名の馬場正平からジャイアント馬場に正式に改名した。

 プロ野球では昭和40年、読売ジャイアンツのV9がスタート。馬場はこの年、すでにトレードマークとなっていた十六文キックにつづく必殺技として“32文ドロップキック”を開発した。

 この“32文ドロップキック”が初公開された日についてはふたつの説がある。ひとつめの説は、昭和40年1月8日、馬場&豊登&吉村道明対リッパー・コリンズ&ドン・ダフィー&ソルダット・ゴーキーの6人タッグマッチで、ゴーキーを相手に放ったというもの。

 もうひとつの説は、同年3月26日、リキ・スポーツ・パレスで行なわれた“8人バトルロイヤル”の試合中、D.ダフィーを相手に決めたというもの。

 いずれにしても、昭和40年の『新春国際試合』シリーズ(1月4日~4月2日=全19戦)のどこかで馬場がドロップキックを初公開したことは確かだろう。

 身長2メートル9センチ、体重145キロ(当時)の馬場が空を飛んだので、駅売りのスポーツ新聞各紙は、このリキ・パレスの試合を写真入りで大きく報じた。

 馬場にドロップキックを教えた“恩人”についても、ロサンゼルス在住の空手家、ジョージ土門だとする説と、馬場のアメリカ修行中のツアー仲間だったペドロ・モラレスだとするふたつの説がある。

■斎藤文彦(さいとう・ふみひこ)/1962年東京都生まれ。早稲田大学大学院スポーツ科学学術院スポーツ科学研究科修了。コラムニスト、プロレス・ライター。専修大学などで非常勤講師を務める。『みんなのプロレス』『ボーイズはボーイズ──とっておきのプロレスリング・コラム』など著作多数。

※週刊ポスト2015年8月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」
A・猪木 プロレスの枠を超える「対世間」を意識していた
ベテラン記者による馬場、ハンセンら15レスラー秘話紹介本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP