ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川島なお美 激ヤセ姿を心配されるも「食も普通。体は健康」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《懐かしのグランドハイアットに出陣 会場は南国ムード 嬉しいことに お二人の衣装は私の時と同じ桂由美先生でした》

 8月3日未明、前日に東京・六本木で開かれた永井大(37才)と中越典子(35才)の結婚披露宴に出席したことをブログで報告した川島なお美(54才)。明るくめでたい話なのだが、ブログ読者の関心はそこにはなかった。

《エリザベッタ・フランキーニのドレス バッグにはマイブームのsmile》

 そんな一文と共に、背中がざっくり開いた当日の川島のドレス姿がアップされている。しかし、写真に写る彼女は、背骨が浮き出て、頬はげっそり…。現在、ブログ読者からも《川島さん、大丈夫ですか?》と、心配するコメントが殺到している。

 川島といえば、昨年1月、「5年生存率50%」ともいわれる胆管がんが発覚した。

「幸い手術は成功しましたが、その後もずっと食事療法を続けていて、大好きだったワインも飲めなくなって、結果的に食がかなり細くなったそうです」(芸能関係者)

 川島は都内の古刹にすでに生前墓を用意しており、同じ寺に墓を持つ奥田瑛二(65才)や与謝野馨氏(76才)らと“墓友”なるコミュニティーまで築いている。

 終活も万全。もしかして今、彼女の身になにか異変が起きているのか? 所属事務所に、川島の体調について聞いてみた。

「確かに、手術時から比べると最近はやせましたが、別に何か病を患っているわけではありません。食事も普通にとれていますし、体は健康です。心配には及びませんよ」

※女性セブン2015年8月20・27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
川島なお美、奥田瑛二、与謝野馨氏らに広がる「死後の仲間」
肝内胆管がん川島なお美 大好きなワインも飲めないと夫語る
川島なお美 夫・鎧塚氏との大ゲンカを「鎧塚祭り」と呼ぶ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP