体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「a-nation island」最終日はアジアを代表するアーティスト達の豪華競演

「a-nation island」最終日はアジアを代表するアーティスト達の豪華競演

7月31日より7日間にわたって様々なアーティストが登場するa-nation island。多彩なデイリーテーマのもとに開催される<live>の最終日となる8月6日は「AsiaProgress~Twinkle~」。アジアを代表するアーティスト達が国立代々木競技場第一体育館に集結した。

アリーナエリアから両サイドまで、大勢の人で埋め尽くされたa-nation island最終日。オープニングアクトには、8月12日にデビューを控えたlol(エルオーエル)、そしてBRIDGETが登場し、場内は開演前から熱気に包まれていた。オープニングアクトの締めくくりはBRIDGETの「君だけ愛してる」。ブライダルファッションデザイナーである桂由美監修のウェディングソングで、優しい歌声が場内へと届いた。

オープニングを告げるヴィジョンに登場アーティストの写真が映し出されると、そのたびに至るところから歓声が沸く。いよいよ「AsiaProgress~Twinkle~」がスタートだ。

まずステージに現れたのは、特に親子、中高生から人気を集めるDream5。メンバーは1人ずつ登場すると、音楽に合わせてダンスを披露した。最初の曲は「シェキメキ」。「みなさん一緒に声出していきましょう!」の一声で場内は盛り上がり、自然とリズムに合わせた手拍子も起きる。「今日は妖怪に力を借りながら頑張って行きたいと思います」というMCに続いたのが、子ども達に大人気の「ようかい体操第一」だ。お母さんと一緒に参加していた小さな女の子の踊る姿もあり、よいウォーミングアップとなった。ラスト「Summer Rainbow」では観客たちが手に持ったタオルをリズムに合わせて振り回し、興奮のままに次のアーティストへと続いていく。

世界各国で活躍するFUTURE BOYZのiamSHUMとthisisWAYNEが登場すると、音楽に合わせて10カウントからいきなりジャンプ! 「FUTURE PALADE」「TOKYO STYLE」と続き、掛け声や手拍子に呼応して、場内がシンクロしていく。「後から登場する三浦大知君と同じ沖縄県出身です」という自己紹介には驚き混じりの歓声が響いた。そして「AsiaProgressのために持ってきた」という新曲が「MOJITO ISLAND」。「皆さんと一緒に歌いたい」というFUTURE BOYZの思いに応えるかのように、誰もが身体を激しく揺らしながらメロディに身を委ねる。そしてラスト曲「BEST NIGHT OF YOUR LIFE」へ。リズムの良いキャッチーな曲ということで、観客たちも手を挙げながら一緒に歌っていた。

続いて登場したのは、注目のダンス&ボーカル・グループのDa-iCE。メンバーがステージに登場すると熱狂的な歓声とともに場内はオールスタンディング状態。華やかな空気が辺りを包み込んだ。「FIGHT BACK」「BILLION DREAMS」の2曲で盛り上げ、自己紹介の後に届けられたのが間もなく発売される新曲「エビバディ」。テンポの良いサマーナンバーに場内はノリノリ。そしてラストはリズミカルな音楽に乗せられたちょっと切ない「TOKI」。その歌詞と歌声に聴き入る観客たち。しかしサビに入れば一転、手を左右に振りながら「Hey!」とDa-iCEと掛け合っていく。すべてのパフォーマンスを終え、大きな歓声と熱狂を残し、ステージは次のアーティストへと移っていく。

まるでミュージカルのようなダンスを披露してくれたのは、12月に同会場で2days公演を控える超特急。会場中に伝わる重低音とともに、「Beautiful Chaser」からのスタート。2曲目にリズミカルな「スターダスト LOVE TRAIN」で、メンバーの自己紹介。ファンにとってはお決まりとも言える自己紹介には、呼びかけずとも会場から合いの手が入れられた。本番前に筋トレを行うという超特急。なんとこの日は、「筋トレ中にDa-iCEさんが生歌を披露してくれた」とのこと。そんなエピソードに沸き立ちながら、「この世に刻んでやる、超特急という名を!」の言葉に乗せて「バッタマン」がスタート。観客たちも超ハイテンションで飛び跳ね、頭を振りまくる。ラスト「fanfare」では「超楽しかったですね」というMCの言葉通りの雰囲気が広がった。

続いて金色のスーツでステージに現れた2人組ユニットのC&K。「to di Bone」が始まるも、「もっといけるな」の一言でまさかのストップ。「みんな俺たちに付き合って」という呼びかけに応えて観客たちも次々に立ち上がる。そして「パーティ☆キング」へ続くのだが、まるで漫才のようなトークや掛け合いもあり、場内は常に笑いで包まれていた。しかしそんな雰囲気が一転。美しいピアノの音色に乗せられた「みかんハート」では照明が落とされ、ソウルフルな歌声が会場中に響き渡る。続くラストナンバーは「踊LOCCA」。ダンスチューンで、再び場内の空気は一転。「この音で1つになりたい」の言葉通り、誰もがその場で回ったり、円になって踊ったりと盛り上がった。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy