ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【どっちのミカタ?】「デスノート」、劇場版とテレビドラマ版どっちが好き?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デスノート0
世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。
現在、ネット上でテレビドラマ「デスノート」について「やっぱおかしい。L(エル)はウイダー的な物ちゃう、甘党やねん。バームクーヘンとドーナツの串刺しやねん。オシャレシャツちゃう、白のTシャツにジャージやねん。爽やかで机の上に足おかん、三角座りで爪カリカリ噛んでる。」というツイートが話題になっている。
そこで今回のテーマは、「デスノート」、好きなのは劇場版?テレビドラマ版?結果は、ご覧の通り・・・
デスノート(n=581)
「劇場版」と答えた人は420人。「テレビドラマ版」と答えた人は161人と、全体の約72%の人が「劇場版」と回答した。

「劇場版」と答えた人の意見は、こちら!

「Lは、やっぱり甘党で、変な感じに無邪気で、猫背でダボダボのTシャツと、ジーパンを履いて、膝を折って座って、根暗な喋り方をして、爪を噛んでいるのが魅力だから。」(19歳/女性/学生)
「やっぱり藤原達也と松山ケンイチの方がしっくりくる。ドラマ版はキャラクター設定もなんで変えたのかと思う様な改悪。」(41歳/女性/パート)
「やはり、Lの凡人と対極にある存在感は、マツケンに軍配が上がる。キラにしても、藤原竜也の方が、知的レベルも上なので対決のスリル感があった。」(57歳/男性/アルバイト)
「現在放送中のテレビ版『デスノート』も前評判ほど酷くはなく、ある意味、原作無視して別物と捉えて見れば十分面白いと思える。主人公の月(ライト)役の俳優の演技力が特に光っていると感じるし・・・。ただし原作『デスノート』ファンなので、劇場版での原作キャラの忠実な再現ぶりを踏まえると、違和感も少なく納得して見られる点から、やはり劇場版の方に軍配が上がる。」(37歳/女性/専業主婦)
「ストーリーがドラマ版のように複雑ではなかった気がする。月(ライト)役は、ドラマの窪田君の方が良いと思うが、インパクトの強いL(エル)役は、松山ケンイチさんの方が、とてもハマっていた。」(44歳/女性/パート)

「テレビドラマ版」と答えた人の意見は、こちら!

「最初から天才より、平凡な主人公「月(ライト)」が、L(エル)も驚くべき才能を発揮していく成長が共感できる。」(56歳/男性/公務員)
「あの話の長さは映画では無理。」(26歳/女性/会社員)
「劇場版は、演技派俳優さんで迫力あるけれど、ドラマ版は現代的で今に合っていると思う。どちらも俳優さんの個性があり、劇場版もドラマ版も、それぞれの良さがあると思う。しいて選択するなら、進行中のドラマ版。」(43歳/女性/会社員)
「劇場版もよかったけど、テレビドラマのキャストもいい感じなので。」(37歳/女性/専業主婦)
「既成概念にとらわれない斬新な感じが良い。」(39歳/男性/会社員)

今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】【どっちのミカタ?】もしも、デスノートが実際にあったら、あなたは欲しいですか?
2015年夏スタートの連続ドラマで一番面白かった作品は?
【どっちのミカタ?】松山ケンイチ主演!ドラマ「ど根性ガエル」の初回の放送は、どうだった?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。