ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「記念日ほったらかし彼氏」の対処法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


マメな男性でないと、忘れられてしまう月ごとの交際記念日。
あまりにも無頓着だと、愛情を疑いたくなってしまいますが、こういう男性は、じつは本当に悪気がなく、ただただ無関心なだけだったりするのです。

なぜ無関心なのか

このような男性が、なぜ記念日をほったらかしにするのかというと、交際記念日を祝った経験が過去にないからです。
「交際記念日だから奮発してデートしようね」など、つきあっている彼女から認識させない限り、男性が自発的に「交際記念日=お祝いするもの」とは思わないもの。
つまり、そもそも「お祝いするもの」という認識がないので、悪気なく忘れてしまうのです。

祝うとうれしいと知ってもらおう

学生時代とは違い、社会人になるとデートしたくてもなかなか恋人に会えないことが多くなります。
すると、月に2、3回会えるうちの1回は必ずなにかしらの記念日……というリズムになってしまうので、無関心男性にとっては苦痛に感じることも。
そうならないためにも、小さな記念日はこの際諦め、まずは半年記念日を狙いましょう。
ここで、自分からサプライズのプレゼントをすることで、節目にはお祝いしたいと思っていること、記念日を祝うことはうれしいんだということを、意識づけできます。

お祝いごとは強要してはいけない

彼が記念日をまったく気にしていなくても、愛情を疑って「なんで忘れるの!?」や「祝ってよ!」などとは言わないようにしましょう。
お祝いごとというのは、人から強制されて嫌々するものではありません。愛情があるから、自然とお祝いしたくなってもらうことにこそ意味があるのです。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
スマホをよく「紛失」する女子は、ダメ男に騙されやすい!?
もしかしてバカにしてる? 単純によろこべないグレーゾーンほめ言葉
いい子に見える、好感度上昇テクニック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP