ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

塩ノ谷 早耶香、新曲「流れ星」が 波瑠 主演映画の主題歌に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

塩ノ谷 早耶香の新曲「流れ星」が映画「流れ星が消えないうちに」の主題歌に決定した。

「流れ星が消えないうちに」は発行部数30万部を突破した同名ヒット小説の映画化作品。大切な人の突然の死により、過去の中をたゆたう日々から動けなくなってしまう主人公・奈緒子が、足掻きながらも再び前に向かってゆっくりと歩き出す姿が描かれている。

主人公・奈緒子役には、今秋から放映されるNHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインに決定しているほか、映画、ドラマ、CMでも大活躍中の波瑠を迎え、恋人・巧役に入江甚儀、事故死により奈緒子の心に深く悲しみを残す元恋人・加地役に葉山奨之、奈緒子の妹役に黒島結菜といったキャスト陣に加え、小市慢太郎が奈緒子の父親役を演じることが決定している。メガホンを取るのは「黒振り袖を着る日」(SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2008<奨励賞>受賞)、「君の好きなうた」(2011)の柴山健次監督。

そして主題歌となる「流れ星」は、数々の日本人大物アーティストへの楽曲提供で知られるスウェーデンの音楽プロデューサーErik Lidbomと塩ノ谷との共同制作によって本映画の為に書下ろされた新曲。映画の世界観を彩るに相応しい、緩やかな美しいメロディーで人間愛を伝える情感豊かなバラードに仕上がっている。この楽曲が収録される塩ノ谷 早耶香のミニアルバム「S with」は既にSPICY CHOCOLATEやT-SKといった様々なアーティストとのコラボレーションが発表されており。今後の動向にも注目が集まっている。

柴山健次監督コメント
ときにお芝居を見ていて思うことがあります。
こころは、表情よりも声に現れるのではないか。声には、その場で取り繕ろうことの出来ない、日々積み重ねられた人柄で溢れているのではないか。嘘は見抜かれてしまう。塩ノ谷さんが映画のために提供してくださった声、『流れ星』には、真実を届けたいという素直なこころ、母性に似た柔らかく包み込むこころがありました。‘これまでの私’を愛おしく思うことで前を向ける、そんな楽曲だと思います。

塩ノ谷 早耶香コメント
とても不思議な魅力を感じた作品でした。
“恋愛”が描かれた物語なんだけど、それだけではなく、もっと深い人間としての”愛”を感じました。
ヒロイン本山奈緒子の感情の流れを曲の中でも表現したいと思い、柴山監督とイメージのやり取りを沢山しながら作った楽曲です。だからこそ、映画に寄り添う事の出来る楽曲ができたと思っています。
是非、楽曲も含め「流れ星が消えないうちに」の世界を楽しんでください!

映画「流れ星が消えないうちに」公式サイト
http://nagareboshi-movie.com

リリース情報
1stミニアルバム「S with」
2015年10月28日発売
【初回限定盤】CD+DVD KICS-93208 1,852円+税
【通常盤】CD only KICS-3208 1,389円+税

関連リンク

塩ノ谷 早耶香 OFFICIAL SITEhttp://www.shionoya-sayaka.jp(PC/Mobile共通)
塩ノ谷 早耶香 OFFICIAL BLOGhttp://s.ameblo.jp/shionoya-sayaka/
塩ノ谷 早耶香 KING RECORDSアーティストページhttp://www.kingrecords.co.jp/shionoyasayaka/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP