ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

槇原敬之 25周年記念イベントに新垣隆氏がオープニング曲書き下ろし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

©ワーズアンドミュージック
槇原敬之の25周年を記念したオーケストラとのコラボイベント「cELEBRATION2015」に、新垣隆氏がオープニング曲を書き下ろすことが分かった。

槇原敬之は新垣氏を評して、「音楽に人柄がにじみ出ている」、新垣氏は槇原敬之を「雲の上の人」とコメント。異色タッグを結成し「僕たち、お互いにリスペクトしている音楽仲間です!」とコメントしている。

「cELEBRATION2015」は、10月23日〜10月25日に東京体育館、11月28日、29日に大阪城ホールで開催。槇原敬之がオーケストラ、コーラス隊をバックにこれまでの名曲をひと味違ったアレンジで送る、槇原敬之史上最大規模のイベントとなる。

新垣隆氏コメント
・第一印象
(槇原さんと)お会いできるのが信じられないですね。いまもドキドキなんですけど。槇原さんは(私と)同世代なんですね。槇原さんは私達の世代の人生をちゃんと掬いあげて表現されている方ですので、このような形でご一緒できるということは本当にありがたい。凄く嬉しいです。

・槇原敬之をどう思っていたか
雲の上の存在だったんで、なんでこういうこと(イベントに楽曲を提供するという)になっているんだろうってびっくり仰天しているんですね。昔、(槇原さんはデビュー前に)「サウンドストリート」(坂本龍一氏がDJを担当していたFMの番組)にデモテープをお送りされて応募されて、そこから尊敬の対象でした。

自分は現代音楽だったりガチガチのクラシックだったりするので、槇原さんの世界を自分が汲み取ってできるかっていうプレッシャーはあるんですけど、オーケストラでコンサートに参加させて頂くっていうのは願ってもないことですから頑張ってやらせていただきたいと思います。

・楽曲制作の意気込み
コンサートにふさわしい、オーケストラの要素を十分に出せるようなものを作りたい、ただそれだけですね。一緒に参加させて頂けることを光栄に思っています。

槇原敬之コメント
僕は何度もテレビで拝見させて頂いていて、本当にもう普通にファンで(テレビで)観ているのとそのままの印象だったので(会えて)嬉しかったですね。人柄そのままだったんだなって思います。

イベント情報
槇原敬之25周年記念「cELEBRATION2015」
開催日:
10月23日〜10月25日・東京体育館
11月28日〜29・大阪城ホール
チケット:8月8日(土)よりチケット一般発売

関連リンク

槇原敬之オフィシャルHPhttp://www.makiharanoriyuki.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP