ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

週末ブランチにいかが?お家で楽しめる“ダッチベイビー・パンケーキ”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ数年日本で人気が高まってきている“ダッチベイビー・パンケーキ”。
大きいシュークリームのような不思議な見た目ともちもち食感が特徴♪
発祥の地・アメリカでは朝ご飯として食べるのが一般的。本国のようダッチベイビー・パンケーキを気軽に楽しんでみませんか?
休日の日は挽きたてのコーヒーと甘いダッチベイビーで至福のブランチをお楽しみ下さい♪

ダッチベイビー・パンケーキはアメリカで生まれたシンプルなパンケーキ。通常フライパンもしくは耐熱皿を使い、焼き上げます。食べる直前に粉砂糖・レモン果汁をたっぷりとかけたら完成。
アメリカで一番人気のレストランは日本上陸も果たした“オリジナルパンケーキハウス”!アメリカ店ではトロピカルシロップを添えた“ハワイアン風味”が大人気。また生地にピーカンナッツを加えた“ジョージアピーカン風味”も「コーヒーとの相性が抜群」と評判が高い。
今回は材料4つで出来る基本のダッチベイビーレシピから上級者向けレシピまでご紹介します。次の週末ブランチのお供にいかがでしょう。

<基本のレシピ:シンプルダッチベイビー>
■材料
小麦粉 3/4カップ
牛乳 3/4カップ
卵 3個
バター 大さじ2
粉砂糖・バター 適量
■作り方
準備:大きめの耐熱皿にバターを塗る。オーブンを200℃に温めておく。
1.小麦粉・牛乳・卵をボウルに入れ、滑らかになるまで混ぜ合わせる。
2.耐熱皿に生地を流し込み、オーブンで20分間焼き上げる。
3.粉砂糖を上からかけ、レモンを添えたら出来上がり!

<応用レシピ:ベーコン入り食事用ダッチベイビー>
チーズ・ほうれん草など冷蔵庫の残り野菜を美味しく消費しましょう♪
■材料
卵 4個
牛乳 1/2カップ
中力粉 1/2カップ
ベーコン 1/2カップ
玉ネギ 1/4カップ
バター 大さじ2
■作り方
準備:大きめの耐熱皿にバターを塗る。オーブンを200℃に温めておく。ベーコン・玉ネギは食べやすい大きさにカットする。
1.小麦粉・牛乳・卵をボウルに入れ、滑らかになるまで混ぜ合わせる。
2.耐熱皿に生地を流し込み、オーブンで20分間焼き上げたら出来上がり!

<応用レシピ:夏にぴったり!オレンジシロップ付きダッチベイビー>
この夏一番のおすすめ!もっちり食感と甘酸っぱいオレンジ風味にやみつきです。
■材料
オレンジ果汁 4個分
砂糖 1/4カップ+大さじ2
片栗粉 小さじ1
バター 大さじ4
卵 4個
牛乳 3/4カップ
中力粉 3/4カップ
バニラエッセンス 小さじ1
塩 小さじ1/4
オレンジピール 小さじ1
■作り方
準備:大きめの耐熱皿にバターを塗る。オーブンを200℃に温めておく。
1.卵・牛乳・中力粉・砂糖(大さじ2)・バニラエッセンス・オレンジ果汁(大さじ2)・オレンジピールをブレンダーに入れ、滑らかになるまで混ぜ合わせる。
2.耐熱皿に生地を流し込み、オーブンで20分間焼き上げたら出来上がり!
3.小鍋にオレンジ果汁(1/2カップ)・砂糖(1/4カップ)・片栗粉を入れ、中火にかける。一度沸騰したら弱火でゆっくり温め、オレンジシロップを作る。
4.粉砂糖・ホイップクリーム・オレンジシロップを順番にかけたら出来上がり!

他にも耐熱皿の底にリンゴを敷き詰めた“シナモンアップルダッチベイビー”もおすすめ。プレーン生地は甘さが控えめなため、どんなフルーツやアイスクリームとも相性抜群です。
家族や友人との週末ブランチには、特大ダッチベイビーをみんなでシェアしましょう♪

「THE ORIGINAL PANCAKE HOUSE」
http://www.originalpancakehouse.com/index.html

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP