ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ふるさと納税で14億6千万円集めた長崎県平戸市の美しい海

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 平成26年度、ふるさと納税で約14億6000万円の寄付金額が集まった長崎県平戸市は、本土の最西端にある。日本一の寄付額を誇るこの町は、かつて日本初の南蛮貿易で豊かに栄え、キリスト教の伝来も受け入れた、小さな小さな島だった──。

 海と山に囲まれた平戸市はとてものどかで、流れる時間もゆっくり。どこまでも広がるコバルトブルーの海と空、穏やかな景色がいちばんの贅沢。ゆるり、そんな言葉が似合う町だ。

「平戸はオランダ船やポルトガル船を受け入れ、日本初の南蛮貿易で栄えた町。フランシスコ・ザビエルがキリスト教の布教にも成功した地で、来訪者を大事にし、寛容に受け入れる気質を今も受け継いでいます」と、同市観光協会の松瀬千秋さんが言うように、平戸の人はおおらかであったかい。

 美しい教会と城下町の雰囲気、和と洋が融合した歴史を辿る旅に出てみよう。写真は地元の人が海水浴を楽しむ人津久海岸。「本当は人に教えたくない」という秘密のビーチ。遠浅の海岸はどこまでも歩いていけそうだ。

■めしどころ一楽
長崎県平戸市木引田町477
 創業86年、平戸で最初のちゃんぽん店。多い日は1日200杯出る日も。野菜やかまぼこを炒めた具がたっぷりで、手軽にお腹一杯! が平戸流。平戸ちゃんぽん 710円。

■平戸和牛 やきにく鈴
長崎県平戸市木引田町446-1
 肉好きの高倉健さんが映画『あなたへ』の撮影時に通った店。年間約600頭しか出回らない平戸和牛は、ミネラル豊富な牧草で育ち、赤身と脂のバランスが絶妙! 2人前 3800円。

※女性セブン2015年8月20・27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元準ミス日本が長崎の皿うどん味「ソースドロップス」を紹介
「すっぽんぽん」の普及は週刊誌の金田正一氏インタビュー
開店前から行列のできるちゃんぽん麺をたっぷり堪能できる店

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。