体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ギュッてしたくなる〜っ!江戸時代の浮世絵・日本画に描かれた可愛すぎ「ゆるキャラ」総まとめ

江戸時代を中心に浮世絵は日本特有のアートとして全盛期を迎え、明治時代まで様々な絵師によってバラエティ豊かな作品が誕生してきました。

残された数々の作品の中でも現代の日本人の心に強く響く浮世絵作品といったら、やはりゆるキャラ系のキャラクターが登場する作品でしょう。その可愛らしい姿から浮世絵・日本画に興味のなかった人までをも魅了する力は素晴らしい。

今回はこれまでにJapaaanで紹介したゆるキャラ系の浮世絵、日本画(江戸時代の作品が中心)を一挙にご紹介します。これまで見逃していた作品もあるかもしれませんので是非チェックしてみてください。何作か新規追加のゆるキャラもご紹介します。

それではどうぞ!

北尾政美「鳥獣略画式」

[画像を拡大]

江戸時代中期の浮世絵師北尾政美。北尾重政に師事したのちに浮世絵師として活動をし、寛政6年には鍬形蕙斎(くわがたけいさい)と称し狩野派 狩野惟信に師事することとなります。

「鳥獣略画式」は葛飾北斎までもが影響されたという、動物や海洋生物、昆虫などがシンプルな線でとっても可愛らしく描かれた絵手本。

出典:ゆるカワ炸裂だ〜!葛飾北斎に真似された男、北尾政美の「鳥獣略画式」の可愛さよ!

 

ゆるい地獄

[画像を拡大]

地獄にゆるいとかゆるくないとかなんか違うような気もしますが、やっぱりゆるいです。ちょっとした罰ゲーム程度な印象。全然怖くないよ。

出典:ゆるゆるすぎるwww 明治時代に描かれた「地獄絵巻」のキュートすぎる世界観

 

ゆるいカブトガニ

[画像を拡大]

左下のカブトガニだけ落書きレベルのクオリティ。他の貝は写実的に描かれているのに。カブトガニというよりも単細胞生物並みの簡易さです。

出典:ゆるすぎる!江戸時代の古文書に描かれたカブトガニが超絶ゆるキャラ!

 

青山正治「カワラ猫」

[画像を拡大]

1 2 3 4 5 6次のページ
Japaaanマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。