ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【空旅のススメ】(13) ニュージーランド航空 最新「787-9」&エコノミーで寝転ぶ「スカイカウチ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


世界をリードする最新鋭の民間機、ボーイング社の「787ドリームライナー」が続々と増えています。日本では、ANAとJALが、国内線と国際線に導入しています(JALは国際線のみ) その787、従来の787-8型から、さらに進化した「787-9」型も登場しています。この787-9を世界に先駆けて運航しているのが、ニュージーランド航空です。2014年7月、787-9の初号機を受領したローンチ・カスタマーであり、その年の12月には成田-オークランド線に投入されました。そして、今年8月10日から、成田-オークランド線の全便(週7便)に、黒の塗装が施された787-9型機が導入されることになりました。 ニュージーランド航空では、機内に一歩入った瞬間から“ニュージーランド気分”が味わえるのが特長。ニュージーランドならではの温かいおもてなし、美味しいと評判の機内食、そして、ニュージーランド産ワインも堪能できます。 
 特にオススメなのが、エコノミークラスの「スカイカウチ」。エコノミークラスというと、狭い座席でリクライニングもほとんどできず、窮屈でしんどいイメージが根強くありますが、これを一新。シート3席分を1つにつなげ、平らなソファにして使用することができる、世界の航空会社の中でも画期的な試みで、長距離フライトの疲れを軽減します。家族連れやカップルに好評といい、エコノミークラスの運賃に少しプラスした料金で利用できるのも、うれしいポイント。 ほかに、かつてのビジネスクラス並みといえる、のびのびくつろげる空間を実現した「プレミアム・エコノミー」、形状記憶マットレスを使った高級レザーシートをフルフラットで使える「ビジネス・プレミア」も。欧米に比べて時差が少なく、日本と真逆の季節が体験できる南半球のニュージーランドへ、世界最新の“フライト”からこだわった旅はいかがでしょうか。 画像提供:ニュージーランド航空 ニュージーランド航空 公式サイト(日本語)http://www.airnewzealand.jp/ニュージーランド航空 Facebookページhttps://ja-jp.facebook.com/AirNZJP (Written by Aki Shikama)

 【Nicheee!編集部のイチオシ】
巨大空港でも存在感アリ! 尾翼にイヌイット「アラスカ航空」
【空旅のススメ】エコノミークラスで「マイル」を多めにゲットする方法
【空旅のススメ】機内食で「低カロリーミール」を頼んでみたら・・・

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP