ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これ1つ覚えればOK!友達・恋人づくりのキーワードとは?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール/齋藤孝 著/1543年(税込)/ダイヤモンド社 刊
出会いの季節ですね。

・話したこともない気になる異性
・新しい職場や学校の仲間
・新しい上司

など、「仲良くなりたい!」という相手がいるあなたに、とっておきの方法を紹介します。

本『雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール』(齋藤 孝)にこうあります。
たった5秒、プラスαの、あいさつ以外の言葉があるだけで、お互いに相手に対する感情は大きく変わってきます。気持ちが打ちとけて、「あの人は感じがいい人だ」となるものなのです。
いつも型どおりのあいさつしかしない相手と、短くてもこうした雑談をしたことのある相手というのは、その人の中で自然にポジションが変わってきます。それが人情というもの。雑談を交わすことで、それまでの「顔見知り」が、それ以上の存在になります。
P.24

「おはよう」しか言わないか、

「おはよ!その服、かわいいね~!」
「おはようございます。今日も忙しくなりそうですね!」
など「プラスαのひと言」を入れるか。

たったこれだけで、二人の関係はずいぶん変わるんです。

「あいさつ+α」がキッカケで、結婚した人もいます。
彼は職場に好きな女性がいましたが、部署が違い、話したこともありません。
そこで、その女性がトイレや自販機へ向かって歩いて行くのを見かけると、いつも偶然を装ってそこへ行き、「おはようございます!」「お疲れ様です!」とあいさつをしたのです。

最初は知らない男性からあいさつをされてキョトンとしていた女性ですが、いつもあいさつするうちに「顔見知り」になります。
そのうち笑顔であいさつを交わす仲になり、「あいさつ+α」の会話に発展。ついには交際、結婚に至ったんです。

「あいさつ+α」の会話には、人と人との心の距離をグッと縮める効果がありますね。
あなたもぜひ、お試しあれ。

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:ホラノコウスケ 企画:ガジェット通信

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP