ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

面接で気をつけたい!自己アピールは、相手へのサービスである

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自分のことを話すのが苦手でいつも損している。-入社3年目までに身につけておきたい「アピール力」/川上徹也 著/1404円(税込)/廣済堂出版 刊
新年度。環境が変わり、

・新しいアルバイトの面接
・今年、就活の面接のある人
・新しい職場での自己紹介

などある方も多いのでは。

そこで、面接で気をつけたい、自己アピールの秘訣を紹介しましょう。
本『自分のことを話すのが苦手でいつも損している。-入社3年目までに身につけておきたい「アピール力」』に、こんな言葉があります。
本当に優れたアピールは、自分の能力がどれだけ優れているかを語るのではなく、自分がどれだけ相手や社会の役に立てるかを語るもの
P.3

自分をアピールすることは、相手へのサービスなのです。(中略)
相手へのサービスという気持ちで自分をアピールすると、実に高いアピール効果が生まれるという実利的な効果があるのです。

サービスというのは、相手にどれだけ気を配ることができるかということです。つまり、相手が何を欲しているかを考えて、それをさりげなく提供することです。
P.19

「自分はこんなにすごい」「どうしてもやりたいんです」と自分のエゴを押し付けるのではなく、あくまで相手の役に立つことができると伝えるのが大事なのです。

(a)と(b)では、印象が違いますね。
(a) 「私はこのパン屋さんが大好きで、どうしてもここで働きたいんです!」
(b) 「このパン屋さんが大好きです。私の笑顔の接客で、このお店のファンをたくさん増やしたいです!」

あなたは、相手のための自己アピールができていますか?

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:ホラノコウスケ 企画:ガジェット通信

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP