ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

退職表明日から退職日までの有給取得は許される?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

退職表明日から退職日までの有給取得は許される?

Q.

 就業規則に「退職は退職日の2か月前に連絡すること、仕事の引継ぎをすること」とある場合、1か月前に退職することの連絡をして、退職日まで有給休暇をとって会社に出てこず、仕事の引継ぎもしないということは許されるでしょうか?

(1)許される
(2)許されない

A.

正解(1)許される

 一般的な雇用形態には、民法627条1項が適用され、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了します。したがって、たとえ就業規則に2か月前に連絡をすることという条項があっても、それは効力を有しない訓示規定であって、1か月前に退職の意思を表明すれば、1か月後に退職することとなります。

 次に、有給休暇取得は、労働者の権利であって、これを制限することはできません。もっとも、労働者が希望する有給取得時期をそのまま了承した場合、会社業務に支障が生ずるおそれもあります。そこで、会社側は、時季変更権を有しており、有給休暇取得の時期を変更するように求める権利があります。

 しかし、退職する者が退職日まで有給休暇を取得することによって、つまり仕事の引継ぎをしないことによって、会社業務に支障が出るとしても、会社は時季変更権を行使することができません。なぜなら、退職日以降に有給休暇を与えることができないからです。

 以上から、1か月前に退職の意思を表明して、その後退職日まで有給休暇を取得することも、許されることになります。

元記事

退職表明日から退職日までの有給取得は許される?

関連情報

休職期間は有給休暇の出勤率計算でどのように考えるのか?(なっとく法律相談)
有給休暇を消化して退職しようと思ったのに、有休が付与されない!(なっとく法律相談)
退職直前に有給休暇は付与されるのでしょうか?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。