ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お得な価格で宅配!グルーポンがフードデリバリーサービスを始動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

共同購入型クーポンサイトで知られるグルーポンは、フードデリバリーサービス「Groupon To Go(グルーポン・トゥー・ゴー)」を開設した。

・グルーポンが、フードデリバリーサービスに参入

グルーポンは、2015年3月から、ファストフードチェーンのサブウェイやピザチェーンPapa John’s Pizza、シカゴ発のメキシコ料理店Adobo Grillなど、シカゴで営業するレストラン500店舗とともに、フードデリバリーサービスを試験的に実施してきた。

また、2015年7月16日には、米国40都市でフードデリバリーサービスを展開するスタートアップ企業「OrderUp(オーダーアップ)」を買収。

今後は、OrderUpのシステムやノウハウを活用し、フードデリバリーのための独自のインフラを整備していく方針だ。

・グルーポンならではの“お得”をアピール

Groupon To Goは、現在シカゴのみで運営。

“お得クーポン”や”割引サービス”といったグルーポンならではのブランド力を活かし、各提携店舗では、購入価格の10%以上を割引するプロモーションが実施されている。

2015年秋以降、対象エリアを、ボストンやテキサス州オースティンにも広げていく計画だ。

・北米のフードデリバリー市場は群雄割拠の時代へ

近年、北米のフードデリバリー市場は、競争が激化。

GrubHubやSeamlessといったスタートアップ企業が台頭する一方、モバイル決済サービスプロバイダーSquareが、2014年8月にフードデリバリープラットフォームCaviarを買収。

世界最大級の口コミサイトYelpも、2015年2月、フードデリバリーサービスEAT24を買収している。

この市場に後発で参入するGroupon To Goが、グルーポンがこれまで培ってきたユーザーベースやブランドを活かしてどのように差別化をはかり、シェアを獲得していくのか、注目される。

Groupon To Go

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP