ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カメラ初心者が魅力的な写真を撮影するための実践的テクニック「屋外ポートレート」編

DATE:
  • ガジェット通信を≫


(編集部注*2014年10月10日に公開された記事を再編集したものです。)

こんにちは、LIGブログ編集部です。
こちらは、カメラ初心者が魅力的な写真を撮影するための実践的なテクニックを紹介していく全3回のシリーズ記事です。

以前、下記の記事でも解説をさせていただきましたが、魅力的な写真を撮影するためには「主役が一目でわかること」「主役を引き立てる背景、構図で撮影されていること」という2点が大切になります。

しかし上達するための最大のコツは、とにかく実際に写真を撮影してみて改善すべきポイントを見つけることです。

そこでこのシリーズでは、LIG社内のカメラ初心者メンバーが実際に撮影した写真を例に、「どういうポイントを意識すれば、もっと魅力的な写真が撮れるようになるのか」について、解説をしていきたいと思います。

第1回は「屋外でのポートレート撮影」編となります。

ポートレートとは

人物をメインに撮影された写真のこと。全身、バストアップ、顔、体の一部だけなど、被写体の状態に関わらず、テーマとして人物が中心にある写真のことをポートレートという。
特に、その人物の特徴やイメージをうまく捉えた写真が望ましい。また、写真だけでなく肖像画などもポートレートと呼ばれる場合がある。

それでは、いってみましょう。

1. テーマを決める

人物の写真を撮るときは「綺麗にみせたい」「個性(優しい雰囲気とか)を表現したい」「スタイルの良さを強調したい」など、何かしらの狙いを持っていると思います。

まずはそれをテーマとして、明確に設定してから撮るようにしましょう。

たとえばこちらの写真ですが、被写体は何となく楽しそうなポーズをとっています。
しかし目を瞑ってしまっているうえに、外も暗く曇っており、全体的に何を表現したい写真なのかがよくわかりません。

つまり、「テーマ」がない写真になってしまっているのです。この写真を見て「良い写真だ!」と思う人は、恐らくいないでしょう。

 

つづいてこちらの写真は、背景のビル群のせいで全体的にごちゃごちゃした雰囲気となっています。被写体も遠くを見つめながら、何だか疲れたような表情をしています。

しかし写真のテーマを「仕事に疲れた都会のビジネスマン」などにしているのであれば、人物と背景の雰囲気がそれなりにマッチしており、悪くない1枚だと言えるでしょう。

ただし、昼間ではなく夕方に撮影していたほうが、よりテーマに合った1枚となっていたのではないでしょうか。

 

良い写真の例はこちらで、テーマは「笑顔」。被写体の特徴的で魅力のある表情を、うまく引き出し、表現できているのではないでしょうか。

明るい場所でひまわりなどが背景にあると、さらに良い写真になると思います。

2. 背景をぼかす

被写体を目立たせるコツは、とにかく被写体以外を注目させないことです。そのため、ポートレート写真では「背景をぼかす」テクニックが多用されます。

※背景をぼかす方法については、以下の記事を参考にしてください。

 

こちらの写真は背景がわりとくっきりとしているので、ゴチャゴチャといろいろなものが写っている印象を与えてしまいます。

また、建物の看板文字や車の運転手の顔などには無意識に注目してしまいます。被写体の魅力を最大限にひき出すためには、関係のない背景はぼかしてしまいましょう。

ロケーションにこだわる

背景をぼかすときはロケーションにもこだわりましょう。「どうせぼかすのだからロケーションは関係ないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、背景の色味などによってさまざまな雰囲気を演出できます。

特に屋外の場合は、緑葉などの自然色が加わることで写真全体の雰囲気が柔らかくなるのでオススメです。

他にも空や海、山などは被写体が映えますし、人工物であればレンガの壁や金網などは特別な雰囲気のある写真になります。

3. 写すべきものはしっかり写し、気になるものは写さない

写すべきものがしっかり写っていないと、その部分がどうしても気になってしまいます。
また、Photoshopであとから修正できる場合もありますが余計なものは最初から写さないようにしておくのが一番です。

こちらの写真では、背景のスカイツリーが途中で切れてしまっているのが(目立つ建物ということもあって)気になります。また、看板の文字が入ってしまっているのも少し残念です。被写体の立ち位置を動かすことで、隠すことができたのではないでしょうか。

 

この場合は被写体の後ろの人物の大きさが一番気になります。この大きさでは何か意味のある人物のように見えてしまうからです。
他にもキムチや通行人など、“細かいけど目についてしまう”という要素が多く、テーマがぼやけているように感じてしまいます。

 

こちらの写真は、全体の色味とあわせ無機質な雰囲気と無表情な被写体がマッチしている良い写真だと思います。しかし、帽子のロゴや襟など細かい点に注意すればもっと良い写真になっていたのではないでしょうか。

 

こちらは室外機のラインが消失点を作っており、写真に奥行きをもたらしています。中心の被写体に視線が集まる構図となっている良い写真だと思います。

 

しかし、カメラマンがもう少し右によって撮影をしていれば、右の柱がフレームから消え、さらなる開放感を生むことができたでしょう。また、室外機のラインも、もう少し平行にすることができそうですね。

動かせるものは動かす、被写体の服装などは整える、余計なものが写らないようにカメラマンのほうが移動するなどは撮影時の基本です。
そのようなちょっとした気遣いの積み重ねにより、写真の仕上がりに大きな差が生まれます。

4. 光と影に気を遣う

屋外で写真を撮るときに注意したいのは、光の強さと光によって生まれる影の存在です。

このように、被写体の顔に直接光が当たるとテカリが発生し、皮脂や汗をイメージさせてしまうケースがあります。また、角度によっては顔に大きな影ができてしまう点も注意が必要です。

 

こちらの写真では、建物の影が全体的に気になってしまいます。被写体にも少し掛かっていますが、これは撮影場所を移動すれば改善できたのではないでしょうか。

 

こちらは、構図やシチュエーションがユニークでいいと思うのですが、カメラマンの影や停車中のバイクの影が少し気になります。また、太陽の光が被写体の顔にまっすぐ当たり過ぎており、少し“のっぺり”とした印象の写真になっています。

夕陽をバックに撮影する

光と影による効果を狙った撮影で代表的なテクニックの1つが、夕陽をバックに撮影するという方法です。

夕陽をバックに逆光で撮影すると、なんだか被写体も格好良くみえますね。

 

逆光のときにカメラのフラッシュを被写体に当てながら撮影する「シンクロ」という方法があります。この方法で撮影すると、夜景などの暗い背景を写しながら、被写体もしっかりと写すことができます。

ただし、被写体に強い光を当てすぎると不自然な写真になるので、デフューザー(フラッシュの光を拡散させる装置)をつけるなどで光を弱める工夫をするといいでしょう。

5. カメラの角度を変える

同じ被写体でも、カメラの角度を変えるだけで全く雰囲気の違う写真を撮ることができます。正面から撮影するだけではなく、いろいろと試してみましょう。

こちらのように、高低差を利用して撮影をすることで面白い写真になります。角度をつけて撮影ができると、表現の幅が広がります。

 

バストアップで撮る場合も、上からのアングル、下からのアングル、いろいろと試して被写体の魅力を引き出しましょう。

女性の場合は斜め上からのアングルで撮影するのが特に良いと言われています。自然と上目遣いになって黒目の中の光が強調されること、アゴや頬が隠れて小顔に見えることが理由です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

屋外での写真撮影は、背景に予期せぬものが写り込んだり天候によって色合いが全く違うものになったりと、いろいろ予想外なことが起こります。しかしそれゆえに、さまざまな表現に挑戦ができるということでもあります。

また、写真の良し悪しは“見る側の感性”によっても左右されるものです。ちょっとした失敗も、見る人によっては写真のアクセントとして魅力的に思える場合もあります。だからこそ、背景やシチュエーション、被写体の表情など細部までこだわり「しっかりと考えられた写真撮影」をするように心掛けましょう。

今回紹介したような基本的なことを理解した上で、自由に楽しく、そしてたくさん撮影することが上達への近道です。

それでは最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
次回は屋外よりも少し難易度が高くなる「屋内ポートレート」の撮影方法について紹介したいと思います。
それでは、また。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP