ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベン・スティラー主演『ズーランダー2』、ムダにスケールがデカいバカすぎる映像を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

華やかなファッションモデル業界を激烈バカに皮肉ったコメディ映画『ズーランダー』(2001年)が、15年ぶりとなる続編『ズーランダー2』から、ムダに壮大なバカ・ティーザー映像を公開した!

https://youtu.be/09nTwccQTUA

この続編には、ベン・スティラー演じる主人公デレク・スーランダーはもちろん、オーウェン・ウィルソン演じるライバルのハンセンも登場する模様。当然ながらデレクの必殺キメ顔”ブルースティール”が炸裂するこのティーザー映像は、あのスティーヴン・ホーキング博士のような音声から始まる…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「はじめは何もなかった。無限の空間だけ。そして突然、人類が知るすべてが現れた。ビッグバンだ。それは時や混沌、美しさの誕生だ。その美は、無限の銀河系を創り出した。ある日、予想もしえなかった”生命”を創り出した銀河系だ。だが、さらに信じられないものは、人間の脳なのだ」

「気の遠くなるような長年の進化の最高峰にあるのは理性と、”なぜ我々はここに在るのか?”という生命の最も古い謎を熟考する能力を有する脳である。我々の銀河系の向こうに、知的生命体は存在するのだろうか? それとも天地創造以来、人類を惑わせてきた1つの疑問が…」

[ズーランダー]
もし神が存在するのなら、どうしてブサイクな人間を作ったの? …『200ランダー』って?

[ホーキング博士]
違うよ、デレク。『ズーランダー』だよ。ダジャレみたいなものだ。

[ズーランダー]
だけど僕は、自分の名字を”2″なんて書かないよ。

[ホーキング博士]
よかろう。ではこれは?

[ズーランダー]
『ズーランダー…アイアイ』?

[ホーキング博士]
違う。『ズーランダー2』だ。ローマ数字を使ってるんだよ。

[ズーランダー]
でも僕、イタリア人じゃないし。

[ホーキング博士]
…ジーザス。キミがこんなにバカだとは。狂ってる。

ストーリーは全く不明だが、マジメに観たことを後悔するバカっぷりは健在。これは本編にも期待できそう!『ズーランダー2』は来年2月12日に全米公開予定だ。

関連記事リンク(外部サイト)

43歳マツコ・デラックスが体感年齢は「15歳」であることを告白
地球上で最も危険な場所に挑んだ男達!4880メートル登山して撮影『エベレスト3D』【動画】
小遣いの少ないお父さんにオススメの副業「チャットボーイ」がネット上で賛否両論
人気急上昇中!TBSのグラマラス美女・林みなほアナが山里亮太をフルボッコにして話題に
ベン・スティラー主演『ズーランダー2』、ムダにスケールがデカいバカすぎる映像を公開

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。