ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『火花』超えなるか!? 無名の新人作家のデビュー作に映像化オファー殺到

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年6月19日。これまで数々の人気作品を世に送り出してきた双葉社から、また新たな大型新人が誕生しました。新人作家、住野よるさんです。

 双葉社といえば、これまでもミリオンセラーとなった湊かなえの『告白』をはじめ、新人発掘に定評がある出版社。住野さんは小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿した作品が双葉社の編集者の目にとまりデビューに至ったという、異色の”経歴”の持ち主です。Web小説時代から多くのファンが付いていたことで、発売前からTwitter上では「ついに書籍化か!」と話題になっていました。

 そんなデビュー作が、『君の膵臓(すいぞう)をたべたい』。一見おどろおどろしい内容の小説なのかと思わせますが、中身はすがすがしいほどの”青春”を詰め込んだような内容です。

 主人公である<僕>は、人付き合いに興味がなく、本ばかり読んでいる高校生。そんな<僕>が、ある日一冊の本『共病文庫』と出会います。その内容は、膵臓に病気を抱え、死期が迫っている人の日記でしたが、なんとその書き手はクラスメイトの山内桜良でした。自分と対極的なクラスでも人気者の彼女の秘密を知ってしまった<僕>。秘密を共有した桜良という存在が、<僕>の感情や生き方に大きな変化を与えます。

 読み進めていくと、誰もが一度は青春時代に経験したであろうドキドキするようなシーンや、涙なしでは読むことができないシーンに、つい心をギュッと握られるような感覚に陥ります。そんな同作は、発売後約1か月弱で10万部を突破。8月5日には発行部数が13万部に到達するという人気ぶりです。

 病気を抱えるヒロインと主人公との青春物語といえば、映画化や漫画化までされたかの大ヒット作『世界の中心で、愛をさけぶ』が頭によぎります。同作にも発売からまもなく、大手映画会社を含む10数社から映像化のオファーが殺到しているのだとか。芥川賞の又吉直樹につづいて、双葉社から誕生した新星に、今後も目が離せません。

■関連記事

映画『やさしい女』の原作となった小説とは?
『白鯨』『若草物語』『赤毛のアン』 あの小説に出てくる食事を再現してみたら……
現役医師が監修、日本医療小説大賞受賞作『鹿の王』は、異世界が舞台の"医療サスペンス"?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP