ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自称「下町の」檀れい・石原さとみ・井川遥 見た目は白鵬

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いろんな居酒屋に1人はいる、「自称下町の○○」という女性。○○には大抵美しい女優の名前が入るのだが、どうみてもそれは…というケースも少なくない。東京都に住む地方公務員のTさん(45才)の奥さまは、そんな「下町の○○」だという。

 * * *
 居酒屋の常連同士、飲みっぷりに惚れて結婚したんだから、文句は言えないんだけどさ。妻(43才)は、ビールから焼酎、日本酒にハイボールとほぼ毎日泥酔するまで飲む。

 それでも、ひとりでおとなしく飲んでくれるんならいいよ。妻は、第三のビールを飲むときは「わたし、下町の檀れいよ。うふ」。それに飽きて焼酎を飲むときには、「わたし、下町の石原さとみ。間接キスしよっか~?」。

 ハイボールに変えたらもちろん「わたし、下町の井川遥。うっふ~ん。ハイボールがお好きでしょ~?」と各飲み物のCMの女優になりきって、オレにからむんだよ。

 嫌がると、「こらっ、井川遥がお前とチューしてやるって言ってるんだぞ。その態度はなんだ、この野郎~!」って、井川遥とはとても思えないキレ方。

 脂肪がたっぷりついたお腹と、最近は顔つきも“下町の白鵬”にそっくりなんだけどなぁ。

※女性セブン2015年8月20・27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
竹鶴政孝と妻・リタの名を冠にした缶入りハイボールが発売
膝上20cm丈スカートをはいた井川遥のキュッと締まった足首
おいしいハイボールを作るにはウイスキーとソーダ比は1:4で

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。