ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

孫社長がカメラの前で静かにいらだつ 「出荷されたペッパーが、つまらないペッパーじゃダメなんだよ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
孫社長がカメラの前で静かにいらだつ 「出荷されたペッパーが、つまらないペッパーじゃダメなんだよ」

8月4日放送の「ガイアの夜明け」は、ソフトバンクが開発した人型ロボット「ペッパー」が6月20日に一般向け発売されるまでの1年間に密着し、舞台裏を紹介した。この様子が、ネットでは「神回」だったと評判を呼んでいる。

「出荷されたペッパーが、つまらないペッパーじゃダメなんだよ」

ソフトバンクの孫社長が、静かにいらだちを見せた。発売予定日を間近にしたペッパーの開発状況の報告を受け、思うような結果が出ていなかったからだ。カメラの前で、このような感情をあらわにする場面は珍しい。
モニター調査で懸念噴出「子どもに飽きられる」

ペッパーの発売は当初2月を予定していたが、発売100日を切った段階でも課題は満載だった。家族を対象としたモニター調査を通じて、内蔵コンテンツをやり尽くしたらユーザーに飽きられてしまうのでは、という強い懸念が示されたのだ。

「子どもがもし飽きたら何が起こるかというと、家族で『ペッパーもういらないんじゃない?』ということになってしまう」

開発責任者であるソフトバンクロボティクスの林要(41歳)さんは、この指摘を「間違いない」と認めつつ、「大事なのは2月の落とし所をどこにするか」と納期を重視した考えを示した。しかしこれを孫社長は決して許さず、冒頭の発言につながった。

林さんは、元トヨタ自動車の技術者。4年前に孫社長の後継者セミナーに参加し、優秀な成績を修めたことから孫さん直々に誘われ、転職を決意した経緯がある。

行き詰まった林さんは、ペッパーが人間のように感情、つまり「心」を持てば飽きられないのではないかと考えた。孫社長自身も2014年6月に初めてペッパーの外見を公開した際、開発への思いをこう語っていた。

「モーターで動くロボットは、世界中にいろいろな種類が出始めている。でもペッパーの最大の違いは、家族にどう慣れ親しむのか。一緒に喜び、悲しみ、励まし合う、そういう存在になってほしい」

感情マップを使って「バーチャルエゴが自分でジャッジ」

林さんは原点に立ち戻り、東京大学大学院の光吉俊二特任教授を訪ねてアドバイスを乞うた。光吉教授は人間の感情を図式化した「感情マップ」を作り、「見る、聞く、触れる」など外からの刺激で人間の感情がどう変化するのか研究している。

感情マップをもとに、専従の技術者だけで100人以上が、世界初の「感情を持つロボット」の開発に取り組んだ。2014年12月、感情マップを入れたペッパーが形になり、孫社長に初披露となった。

感情マップの説明は光吉教授が行い、「同じパターンが二度と起きない。もうちょっと進化させると、バーチャルエゴ『仮想自我』が自分でジャッジできるようになる」と解説すると、孫社長はすぐに重要性を理解したようだった。

しかしこの時点では、感情マップを入れただけでCPUが限界になってしまい、会話ができなくなる問題があった。林さんがそう説明すると、孫社長は4か月の発売延期を即決。番組に決意を語った。

「ペッパーに自らの感情を持たせる。ここが我々の最大の挑戦であり、進化だと思う」

子どものように喜ぶ孫社長の笑顔が印象的

6月、予定より遅れたものの感情を持った世界初のロボットが誕生した。孫社長は「今年のペッパーは、心の中が著しく進化しました」と正式発表の場で紹介した。本体価格はおよそ21万円、その他に保険やアプリの使用料など2万6000円かかる。

林さんは「便利だから欲しいではなく、彼がいることで人生がちょっと明るくなる」という形で人々に必要とされて欲しいと願っており、今後も開発を続けていく。

孫社長は、最終的に作り直したペッパーを見て、身振りを交えて感情を表す様子にとても喜んでいた。経営者としての決断は素早く賢明という印象だったが、その笑顔は望みどおりの玩具が手に入った子どものようだった。(ライター:okei)

あわせてよみたい:大手家電メーカーを飛び出した技術者たち
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。