ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全米で話題の「自動販売機」。出てくるのはドリンクじゃなくて、本だった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ、ワシントンD.C.に設置されている自動販売機から出てくるのは、飲み物でもスナックでもありません。なんと、子ども向けの本です。

子どもたちがたくさん本を読めるようにと生まれたプロジェクト「Soar With Reading」。ニューヨークを拠点としている格安航空会社(LCC)の、Jet Blueが企画したものです。
ワシントンD.C.に3台設置されているこの自販機は、0〜14歳までの子どもを持つ、ファミリー層が多く住んでいるエリアに置かれているそう。
また、自販機といっても実際には無料となっていて、子どもたちは「読みたい!」と思ったら、自由に本を“購入”することができます。

彼らは2011年からこのプロジェクトをスタートし、125万米ドル(約1億5,000万円)を出資しています。

Soar With Reading」のHPでは、今後アメリカの他の都市でも展開していくと発表しています。10万冊の本を次の都市に置くことを計画しているとか。この動きが、今後さらに加速していくといいですね。

Licensed material used with permission by Soar With Reading , Jet Blue

関連記事リンク(外部サイト)

世界で一番小さな図書館が流行中!あなたもすぐに参加できる!?
熊本の幼稚園が、世界中で絶賛されるワケ。「雨水」が建物の中に入ってくる?
この中で一人だけ溺れている子どもが・・・すぐに発見するライフガードに脱帽!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP