ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

27時間テレビ 「楽屋ネタのオンパレード」とフジ社員が自嘲

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!」。今年の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)は、そう銘打ち、総合司会にナインティナインを据えた。ナイナイの岡村隆史(45才)は「ホンキーマン」というキャラに扮し、35時間以上寝ずに司会を務めた上、フィナーレでは1時間ぶっ通しで踊り続けた。しかし平均視聴率は昨年より2.7ポイントも低い10.4%…。

 その裏で絶好調だったのが、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。岡村も本気だったがこの日のイモトアヤコ(29才)はもっとすごかった。

 極太眉とセーラー服姿で北米最高峰・マッキンリー(6168m)にポーターを使わず挑戦。道中下痢に見舞われるなど過酷な2週間だっただけに、頂上に立ったイモトはディレクターと熱いキスを交わした。これにお茶の間から笑いではなく、感動の涙を誘った。平均視聴率は17.1%を記録した。フジテレビスタッフが自嘲気味に話す。

「今年は『めちゃイケ』とナイナイに丸乗りの27時間でした。内輪ネタ路線の『めちゃイケ』は10年前には15%以上の視聴率があったが、今では10%に届かない。なのに、岡村さんを中心に芸人を集めて楽屋ネタのオンパレードでしたね…。

 しかも岡村さんは、自身がラジオで語っている通り、27時間分のぶ厚い台本は頭に入らないと諦めて家に持ち帰って覚えておらず、その場のノリとカンペで進行するシーンも多かったんです。SMAPの中居さんがうまくフォローを入れてくれたから、いい感じにまとまりましたけどね…」

※女性セブン2015年8月20・27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%
「TV局を減らせ」と説く元業界人がTV界の現状を描いた書
フジ27時間テレビが大惨敗 カリスマ演出家に誰も意見できず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP