ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛甲猛氏 甲子園で優勝直後に風俗店でサイン会を依頼された

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 松坂大輔を輩出した野球の名門・横浜高で1年生からエースに君臨し、3年時の1980年夏には早実の荒木大輔に投げ勝って優勝した投手が愛甲猛だ。甲子園の優勝投手となれば当時も今もアイドル扱いだが、愛甲氏は見事に青春を謳歌していたようだ。優勝の栄冠を掴んだ高校3年生の夏を、愛甲氏が振り返る。

 * * *
 最後の夏の大会前はまさに野球漬けだった。朝練後、ユニフォームの上に学生服を羽織ってホームルームに出席、1時間目が始まる前に球場に向かった。日暮れまで練習して夕食後はマシンで打撃練習。終わるのは22時過ぎだ。悪さをするヒマもなかった。

 県大会では7試合中6試合完封して甲子園を決めた。当初の部員の目標は、国体出場条件のベスト8だったが、監督が知事への挨拶で「優勝旗を持って帰ります」と宣言してしまい、これが新聞に大きく出たことで優勝を目指すしかなくなった。

 最後の夏ももちろん宿舎からは外出禁止。2回戦以降は親とも面会禁止になった。外に出られないので部屋のトイレが唯一の息抜きの場になった。そのまま決勝まで進み、最後の相手は早実の荒木大輔。1年坊主には負けられない。大輔の連続無失点記録を阻止し、試合も6対4で逃げ切った。甲子園優勝を決め、これでまた人生が変わっていくのがわかった。

 新横浜に帰ってくると駅前を人が埋め尽くしていた。嬉しいというより怖くなった。家の前には朝から女の子が大勢待っていて、弁当をくれる子もいた。見知らぬ親戚や知人も増えた。

 一番変わったのが先生の態度だ。授業中に校内放送で副校長室に呼ばれると、「お客さんにサインをして欲しい」という。体育教官室には300枚の色紙が置いてあり、「愛甲君、お菓子を食べながら書いてよ」ともいわれた。

 サインといえば普通では考えられない場所でも書いた。知り合いの会社社長にいわれてついていったら、堀之内のソープランドだった。ソープ嬢からは「昨日のパレードに行ったよ」といわれ、待合室ではソープ嬢たちに囲まれて即席のサイン会が開かれた。

 こんな経験ができたのも、甲子園で優勝したからだと思う。甲子園はやはり特別な存在だ。この時期になると、プロのロッカーでは甲子園に出場していないヤツはバカにされていたし、「甲子園に出たかった」と口を揃える。野球人にとって甲子園は、今も昔も別格だ。

■愛甲猛(あいこう・たけし)/1962年、神奈川県生まれ。横浜高では1年からエースとして活躍、3年時に全国優勝を果たす。プロ入り後は野手に転向。ロッテ、中日で勝負強い打撃を武器に活躍した。現在はインターネット動画サイト「ニコニコ生放送」でトーク番組を放送中。

※週刊ポスト2015年8月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
夏の甲子園 大会通算戦績で最も強い地域は近畿で勝率は.596
夏の甲子園 学校別通算勝利数の1位は愛知の中京大中京76勝
滋賀県で前年甲子園準優勝校が県立高校にコールド負けあった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP