ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今後のIPO注目銘柄 コメダ、ランサーズ、スマートニュース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本郵政グループ3社が10月にも新規株式上場(IPO)する予定だが、これは「21世紀最大のIPO」ともいわれる。だが、IPOの目玉は、日本郵政だけではない。名だたる有力企業が8月以降に続々と上場すると見られている。

 日刊株式経済新聞の冨田康夫・編集長は、名古屋発祥の「珈琲所コメダ珈琲店」をチェーン展開するコメダ、インターネット上で仕事を受発注するクラウドソーシング事業を手がけるランサーズ、スマホなどのネット広告のプラットフォームを提供するジーニーに注目する。そして、さらにこう述べる。

「電話代行や秘書代行のベルシステム24ホールディングス、スマホ向けニュースアプリを運営するスマートニュースなども今後のIPOに期待したい」

 日本郵政グループという超大型IPOに目を奪われがちだが、そのほかにも、今秋以降のIPO市場は注目銘柄が目白押しだ。

 人気の高い銘柄は抽選必至だが、狭き門をどうにかくぐり抜ければ、申し込みから上場までのわずか1か月ほどで大きな成果を手にできるチャンスが広がる。日頃から上場観測報道などに目を凝らしていれば“お宝IPO”に出会えるはずだ。

※週刊ポスト2015年8月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本郵政グループ3社大型IPO 今年最大の目玉で市場の起爆剤
2015年注目の大型IPO 日本郵政、LINE、USJ等の投資攻略法
コメダ珈琲店好き女子大生 「スタバ好き男子は恥ずかしい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。