ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Garmin、活動量計機能付きGPSウォッチ「Forerunner 25」を発表、スマートフォンと連携可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 Garmin が活動量計機能を備えたランナー用 GPS ウォッチの新モデル「Forerunner 25」を発表しました。Forerunner 25 は昨年発売された「Forerunner 15」の後継機種になります。日常生活における歩数や消費カロリー、睡眠時間などを計測することのほか、ランニング時には GPS ログを記録しつつ、走行スポードやラップタイム、心拍数(HRM が必要)などを表示・記録します。新モデルは、旧モデルよりも表示領域が 32% 拡大したほか、Garmini Connect モバイルアプリとも連携可能になり、スマートフォンの着信やカレンダーの予定、メールなどの通知を転送することも可能になりました。また、Garmin Connect アプリの Live Tracking などの機能も利用することができます。Forerunner 25 の価格は $169.99 / $199.99(HRM 付き)で、カラバリは、ラージモデルがブラック / レッドとブラック / ブルー、スモールモデルがブラック / パープルとホワイト / ピンクです。ラージモデルはトレーニングモードで 10 時間、アクティビティモードで 10 週間使用できる一方、スモールモデルはトレーニングモードで 8 時間、アクティビティモードで 8 週間使用できるとされています。Source : Garmin


(juggly.cn)記事関連リンク
Android版ファイナルファンタジー IV / V / VIがAndroid TVに対応、アプリの半額セールも実施
Huawei、8月10日にHonor新モデルを発表
Huawei Japan、「Ascend G620S」を8月8日に値下げ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP