ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中村雅俊、7年振りシングル「はじめての空」発売&秋ツアー決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

俳優・歌手として活躍する中村雅俊が、約7年ぶりにシングル「はじめての空」を9月23日に発売することが分かった。シングル作品としては2008年6月に発売になった「涙」(NHK土曜時代劇『オトコマエ!』主題歌)以来7年振り、通算52作品目となる。

1974年4月に『われら青春!』の主役として俳優デビュー、同年7月に発売したデビューシングル「ふれあい」が100万枚突破の大ヒットとなり歌手デビューした中村は、以後俳優、歌手として活躍を続け、昨年にはデビュー40周年を記念したアルバム『ワスレナイ ~MASATOSHI NAKAMURA 40th Anniversary~』を発売している。

「はじめての空」は、中村がデビュー40周年を経て、さらに精力的に活動をする今の自身の心境にぴったりの内容になっている。これまでの人生への感謝を綴りながら、これからの様々な局面に対しても新たな気持ちで迎えられる勇気を与えてくれる楽曲で、幅広い世代へ向けた応援歌に仕上がった。作詞は松井五郎、作曲は都志見隆によるもので、昨年発売した『ワスレナイ』に収録されたリード曲「君がいてくれたから」も手掛けた近年の中村雅俊を支える強力タッグの作品。「東建コーポレーション イメージソング」として8月よりオンエアされる予定であり、9月末から行われる全国ツアーでも披露される。

中村のコンサートで盛り上がる定番曲となっている「100年の勇気」(1990年発売アルバム『100年の勇気』収録曲、作詞松井五郎、作曲山口岩男)という楽曲がある。「勇気があれば夢はいつまでも消えやしない、かならず悔やむことはない」とこれまで聞く人を励まし続けてきた楽曲だ。

今作では「100年の勇気」のリリースから25年経った今の心境を表現すべく、同曲で作詞を手掛けた松井五郎氏に作詞を依頼。これまでの人生を振り返り感謝しながら未来を見据える、今の中村雅俊にふさわしい楽曲に仕上がった。

若々しさあふれるこの1曲は、コンサートの新たな定番曲としてツアーでも盛り上がること間違いなしだ。是非、生のライヴパフォーマンスで中村雅俊の歌世界を体感してほしい。

■中村雅俊 オフィシャルHP
http://tomonokai.mj-e.com/

【中村雅俊 コメント】
コンサートでとても盛り上がる「100年の勇気」という曲があります。
その曲との出会いから25年、また自分を励ますことができる曲に恵まれました。
長い人生のいろいろな局面で、新たな気持ちで決断して、感謝して夢を持ち続けながらこれからも歩んで行きたいと思います。

シングル「はじめての空」
2015年9月23日(水)発売 
COCA-17053/¥1,000+税
<収録曲>
1. はじめての空
2. 恵み
3. はじめての空 カラオケ
4. 恵み カラオケ

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
中村雅俊 オフィシャルHP
霜月はるか10周年ベストより本人メッセージ到着「皆さんにお届け出来ること、本当に幸せです」

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP