ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【イヌを飼っている人必読】愛犬のお世話状況を家族全員でシェアできるアプリ登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イヌを飼うと、餌をあげたり、散歩に連れて行ったりといったお世話をしなければならない。

そうした愛犬のためのto-doを、家族みんなでシェアできるアプリ「DogSync」がベータ版を終え、正式にリリースされた。

誰が、いつ、どういうケアをしたのかをリアルタイムに共有できるので、ケアのし忘れを防げる。

・タイムラインで把握

情報を共有することで、餌を二重にあげたり、誰も散歩に連れて行かなかったり、といったことを防ぐことができる。

アプリでは、お世話をした人が、餌や散歩のマークをタップして情報を流すと、他のメンバーはその行為を時間とともに把握できる。

マークは他にもウンチや小用、トリミング、お風呂などがあり、愛犬がいつ食べて散歩に行き、用をたしたのかがタイムラインでわかる。

・一番世話をした人もわかる!

また、アプリでは家族の誰かに「散歩に連れて行ってくれる?」と依頼することもできる。

面白いのは、誰がどれだけ世話をしたのかが1週間、1カ月単位でわかる機能。一番熱心に世話をしたのは(あるいは、しなかったのは)誰なのかが明白になるので、子どもが複数いる家庭では特に使える機能だろう。

さらに、今後はペットの写真の共有もできる機能を追加する予定とのこと。アプリ(iOS)は無料なので、イヌを飼っているというファミリーは要チェックだ。

DogSync

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP