ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おぉ、読めるぞっ!同じ文字でも正反対の意味に、アンビグラムで描いた漢字たち

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ある文字を180度回転をさせたり反転させたりしても文字として認識できるデザイン手法をアンビグラムと言います。シンメトリックデザインに近いでしょうか。

そのアンビグラムを利用して、同じ文字なのに角度を変えたり反転させたりすることで正反対の意味を持たせる漢字をTumblrで公開されているのが意瞑字査印さん。

文章で説明するよりも実際に見ていただいた方がわかりやすいと思いますので、まずはこちらをどうぞ。

意瞑字査印「陰 陽」

読めますよね!陰と陽。でもこの2文字同じものなんですよね。垂直方向に反転させているだけというすごいデザイン。

意瞑字査印「逆転」

そう、逆転。読めちゃうんです。実に不思議。

さらに意瞑字査印さんが公開されている作品の中から幾つかご紹介。

意瞑字査印「苦 楽」

こちらは「苦楽」。

意瞑字査印「現 / 消」

こちらが「現」と「消」を同じ文字で表現。

意瞑字査印「前 後」

こちらは「前」と「後」。

意瞑字査印「生 死」

そして「生」と「死」

さらにアンビグラムのほかにもバイリンガル・タイプフェイスという名で、漢字を英語としても読めるようにしたデザインも公開されています。

意瞑字査印「BILINGUAL TYPEFACE」

不思議ですよね。全部読めちゃうんです。読めてしまうだけではなくデザインとしてもとても美しいんです。

意瞑字査印さんが作品を公開されているTumblrではそのほかにも摩訶不思議なデザインがたくさん紹介されていますのでぜひチェックしてみてください。

意瞑字査印

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

日本の伝統に新たな変化を。最先端のデザインで伝統工芸を繋ぐ「DENTO-HOUSE」
和風ベクター素材がぜんぶ無料でダウンロードできる、良質な素材配布サイト「JapanVector」
可愛い妖怪たくさん!「東京モノノケ」ちょっとクセあるかわいいイラストがステキ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP