ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食事がきっと楽しくなる、栗原はるみさんプロデュースの小皿と小鉢が新登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

生活雑貨ブランド「share with Kurihara harumi」は、全国の百貨店内ショップ・ゆとりの空間 オンラインショップにて、「集めたくなる小皿と小鉢」をテーマに、毎日の食卓やおもてなしに彩(いろどり)を演出する小皿などを8月3日(月)より発売した。

同ブランドは、名前のとおり、栗原はるみさんがプロデュースしているブランドで、とくに豆皿は、薬味や漬け物、梅干しをちょっとのせられるほか、箸置きとしても使える便利な食器だ。ストライプやドット柄、渦巻き、角渦巻き、独楽筋など、オーソドックスなデザインのなかにも栗原はるみさんのセンスがうかがえるデザインとなっている。価格も540円からとお手頃になっている。

小皿もカトラリーをモチーフにしたかわいらしいデザインや、ストライプを大胆にデザインしたものなどハイセンスな商品がラインナップされている。ゆとりの空間 オンラインショップでは、豆皿や小皿のほか、蓋付平椀、耳付豆鉢、片口水差し、飯椀など食事が楽しくなる食器類を多数揃えている。

ゆとりの空間 オンラインショップ
http://shop.yutorinokukan.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP