ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダイエットに効果あり?紅茶活用法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


紅茶は女性に人気の飲み物ですが、最近の大きなコーヒーブームには少し押されがちかもしれません。ですが、キレイになりたいと思っている人にとっては紅茶こそが味方です! ダイエットを成功させるために、毎日の飲み物を紅茶に変えてみませんか?

【もっと大きな画像や図表を見る】

痩せたいという希望を阻止するのが、体についてしまう脂肪。この脂肪の生成に大きく関わってくるのが「インシュリン」という分泌物です。物を食べると体内で血糖値が上がり、インシュリンが分泌されます。大量の食べ物を短時間で一気に食べたり、カロリーの高い物を集中的に食べると、インシュリンが過剰に分泌され、糖を脂肪に変えて体内に溜めるよう働きかけてしまうのです。

では、なぜ紅茶がダイエット効果を促進してくれるのでしょうか。それは、糖の分解を抑制し、インシュリンの分泌を抑えてくれるという働きにあります。これはアメリカのフレーミングハム州立大学で行われた研究で明らかになりました。Lisa Striegel氏らが作る研究チームが発表したところによると、紅茶を飲むと糖の分解が抑制され、血糖値が急上昇するのを防ぐ効果が認められたということです。血糖値の急上昇は、インシュリンの大量分泌を招きます。紅茶を飲んでこれを抑えることができれば、当然、体内に溜まる脂肪の量も抑えられる、ということですね。

糖の分解を抑えるのは、紅茶に含まれるカテキンやポリフェノールの作用。これらは体内で酸化して溜まりやすい脂肪や毒素を攻撃してくれることで有名です。紅茶はこの「抗酸化作用」を効率良くもたらしてくれる飲み物だったのです。

また、紅茶の持つカフェインは便秘の解消にも効果的。便秘が続くと痩せにくい体質になるため、お通じの改善はダイエットには必須と言われています。それだけでなく、紅茶が持つ利尿作用で体内の余分な水分が排出されるため、むくみの改善につながります。

研究チームの結果では、ごく一般に市販されているものでも充分な効果があるということです。ティーポットなどで丁寧に淹れなくても、ティーバッグなどの手軽なものでも効果的というのが嬉しいですね。大切なのは、その飲み方。せっかく糖を分解する酵素をもっているのに、砂糖やミルクなどをたっぷり入れてしまってはせっかくの効果が発揮できません。喉が渇いた時や食後に、ストレートの紅茶を一杯飲んだり、今までジュースを飲んでいた人は飲み物に紅茶を選ぶというように、まずは紅茶を飲む習慣を取りいれてみましょう。

脂肪燃焼効果を高めたい場合はしょうがのスライスをトッピングしたり、美容効果のためにレモンを入れてビタミンCをプラスするのも良いでしょう。紅茶はホットでもアイスでも良いので、暑い時期にはポットに作って冷蔵庫に入れておけば楽ですよ。
(enJOY Complex編集部)

記事提供/『エンジョイコンプレックス』
(R25編集部)

ダイエットに効果あり?紅茶活用法はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

エンジョイ コンプレックスの過去記事一覧
量はそのまま!食べる順番ダイエット
“脚ぽっちゃり”を防ぐテクニック
女子ウケ抜群!「工芸茶」が人気
日本人の「低体温化」が進行中

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP