ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲むと2日間酔い続ける恐怖の酒『フレーミング・ランボルギーニ』がヤバイ! 燃やしながら飲む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんは、燃やしながら飲むお酒『フレーミング・ランボルギーニ』をご存知だろうか? これを飲むと、2日間酔い続けるという恐怖の酒である。二日酔いということではない。「酔い」自体が2日間継続するらしいのだ!!

・デンシャラスな酒
しかも燃やしながら飲むというのだから、その危険度が高いことが理解できる(燃やしながら飲まないと味的にダメらしい)。さらに、この酒はストローで吸って飲む。何から何まで異端すぎる!「酒はゴクゴクのめるビールが最高!!」という人には向いていない、デンシャラスな酒といえる。

・着火させてストローで飲む
実際に『フレーミング・ランボルギーニ』を飲んだ動画が、インターネット上に掲載されている。複数の酒を決められた割合でグラスに注ぎ、着火させてストローで飲んでいるようすが映されている。その味は……。

・かなり刺激的な味
あまりにも強烈すぎて、飲んでから絶句! かなり刺激的な味なのはわかったが、どんな味なのかは動画から知ることはできなかった。もちろん、お酒は20歳にならないと飲めないので、ちびっ子のみんなはカルピスで我慢しよう。

https://youtu.be/qMOIVGcs_Wo

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/08/06/osake-2/

※お酒は20歳になってから

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP