体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

創立70周年のマガジンハウスが、戦後70年を考えました。~マガジンハウス担当者の今推し本『ダカーポ特別編集 戦後70年を考える。』

生活・趣味

9784838750214

こんにちは、マガジンハウスです。第二次大戦が終結した1945年からちょうど70年。“戦後70年”というフレーズを目にする・耳にすることも多いでしょう。それにしても、「もはや戦後ではない」と言われた頃から既に60年近くも経っているし、果たして今って“戦後”なの?

N 「そうなんです。そもそも“戦後”とは何なのか? いつまでが“戦後”なのか? 本書では、哲学者の萱野稔人さんがわかりやすく解説してくださいました」

―――って、いきなり現れたNさん! どうぞ宜しくお願いします。Nさんがこのムックを編集されたと聞き、一緒に昭和なつかし話をしたいなーと思ってたんです(笑)。それにしても、水木しげる先生の『地獄と天国』をプロローグに、田原総一朗さん、黒柳徹子さん、黒鉄ヒロシさん等々、錚々たる方々が“戦後”を語られていますね!

N 「ええ。最初は戦争を知らない若い世代に読んでもらいたいと思って作り始めたんですが、作っているうちにだんだん私自身が知らないことばかりだと気がついちゃって(笑)。水木先生は93歳、黒鉄さんは70歳。このお二人だけでも、戦争に対するとらえ方がまるで違ってらっしゃるんです。だから、色々な地域、世代の人のスケッチで語られる戦後、というのを届けられたらいいなと思ってます」

―――先ほどお名前が出た萱野稔人さんや社会学者の古市憲寿さんといった、さらに若い世代の方の声も興味深いです。

N 「ね。古市さんは30歳とまだお若いですが、30歳の視点で日本の今後を考えられていて、村上龍の小説『希望の国のエクソダス』と『オールド・テロリスト』を軸に<これから、この国はどこへ向かうのか>を特別寄稿していただきました」

―――とても読み応えがありました。一方でマガジンハウスらしいというか、芸能、スポーツ、カルチャー、家電やガジェットなどの70年史もあって、思わず仕事の手を止めて読み込んでしまいましたよ! 

N 「芸能&スポーツ年表は10年ごとに区切って、それぞれどんな時代だったのかをまとめた見出しをつけたのですが、たとえば自分が生まれた1965~1974年代は、若者文化が始まった時代だったんだなあなどと勉強になったり」

20150804_161211


マガジンハウスの第一号雑誌『平凡』からの写真も多数。昔は「凡人社」、「平凡出版」という社名だったんですよ~。

―――各年代を象徴する人物の写真も楽しかったです。佐村河内さんとか(笑)。1990年のところに野茂英雄投手があったのも嬉しかった……。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会