ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あのライオン「セシル」も!NYの高層ビルに巨大プロジェクションマッピングが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NYのシンボルであるエンパイヤステートビルに現れた動物たち。

どれも絶滅危惧種とされている動物たちだ。

「Projecting Change」と題されたこのプロジェクトは、ドキュメンタリー映画「The Cove」でアカデミー賞を受賞した製作チームが、動物保護を訴える目的で企画。

デザイン集団Obscura Digitalが高出力のプロジェクター40基を使用し、100万ドル(約1億2400万円)をかけて制作した。

このプロジェクションマッピングは、ビルの33階分のフロアを使用して行われ、ヒョウをはじめとした野生動物が映し出させると、多くの人が歩みをとめた。

映像の最後には先日アメリカ人ハンターによってジンバブエで射殺された、「世界で一番有名なライオン」セシルの姿もうっすらと映しだされ、人々に強く命の尊さ、野生動物保護の大切さを刻み込むことができたようだ。

 

Obscura Digital
http://obscuradigital.com/work/racingextinction/

プロジェクションマッピング(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP