体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

目指せ未来のカジノディーラー! 記者厳選『Venus Fort Family Fair』でワークショップや親子イベントを開催 ~お台場~

01

夏休みになると、どこの商業施設でも親子企画やファミリー向けのイベント、子どもたちのためのお仕事体験「ワークショップ」等が開かれる。
お台場のヴィーナスフォートでも同様の企画が8月末日まで組まれている。
その中に、ちょっと変わった企画をいくつか見つけたので、取材した。
夏休みの体験学習やファミリーでのお出かけの参考にしていただきたい。

IMG_5715_R

冒頭の写真で何か変だと思われたかもしれないが、記者も実に変だと思って取材したのが「カジノヴィーナス」。
そう、完全に大人の世界であるカジノを体験してもらおうという、一歩間違えればヤバそうな企画だ。
しかも、カジノ体験とはいえ、プレーヤーとしてではなく、主に体験してもらうのは「カジノディーラー」の方なのだ。プレーヤーも体験プログラムには入っているが、あくまでもワークショップなので主眼はディーラー。

IMG_5720_R

まだワークショップ開催期日前なので、特に取材を申し込んで営業時間前に実際にカジノでプレーしながら話を聞いた。
子どもたちにディーラーの「お仕事」をしてもらうのはブラックジャックだ。

IMG_5723_R

--どうしてカジノディーラーを体験してもらおうと考えたのですか?

「みなさんがカジノと言われて連想するのは、テレビドラマや映画のダーティーなイメージではないでしょうか?実際にはそのようなことはなく、非常に華やかな世界なのです。そのダークイメージを払しょくしたいというのがまず第一です」

これは記者も同感だ。海外でカジノに行ったことがあるが、本物のカジノは紳士淑女のたしなみであり、社交の場だ。確かにお金がかかっているが、だからこそ銀行以上のセキュリティーと安全性が保たれていて、安心して大人の遊びができる。

IMG_5725_R

--それは大人のイメージですよね?実際にやる子どもたちに対してはどのような感情なのですか?

「子どもが大人の世界のカジノを実際に見たりディーラーという仕事を目にすることはほぼ無いはずです。ですから私たちは真面目に”仕事”としてのディーラーをカッコいい仕事と思ってもらい、将来の職業選択のひとつに入れてほしいと本気で思っています」

これは驚いた。日本ではカジノはまだ合法ではないので、あくまでもアミューズメント施設としての運用だ。しかし、最近は日本でもカジノディーラーを養成する学校があり、職業としてのディーラーが増えていることもまた事実であるが、それにしても真面目にそう考えていることは驚きに値する。

IMG_5729_R

--お聞きしにくいことなのですが、カジノというとギャンブル、賭博というイメージがまだ多いと思うのですが、その中で子どもに体験させるというのは賛否両論あると思うのですがその点はいかがですか?

1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy