ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カーリー・レイ・ジェプセン 8週目の1位をキープ、突如公開の1D新曲は何位に初登場?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カーリー・レイ・ジェプセン 8週目の1位をキープ、突如公開の1D新曲は何位に初登場?

 カーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」が見事首位をキープしたビルボードジャパンの洋楽チャート“Hot Overseas”。

 全体的にポイントが下がりつつあるものの、依然と首位をキープし続けているカーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」。そんな中、再びTOP3圏内に浮上してきたのは、テイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」。家庭教師のトライによる新サービス「Try IT」のCMに起用されたことで、7月末のCM公開タイミングからデジタル・セールスとYouTubeの再生回数が伸び始め、今週2位にランクアップした。

 開催が1週間半後に迫った【SUMMER SONIC】にて初来日を控えるウォーク・ザ・ムーンの「シャット・アップ・アンド・ダンス」は、6位に浮上。来日に合わせ、8月12日には日本デビュー作『トーキング・イズ・ハード』がリリースされることもあり、エアプレイを中心にポイントを稼いでいる。米ビルボード・シングル・チャートでも長期に渡りTOP10圏内にランクインし、ロングヒットとなっているこの曲、ここ日本でもブレイクなるか、気になるところだ。

 無敵のカーリーに対抗すべく、7位に初登場したのは、ゼイン・マリク脱退後初の新曲「ドラッグ・ミー・ダウン」を突如として発表したワン・ダイレクション。この曲は現在制作中のニュー・アルバムからの1stシングルで、彼らの大ヒット・ナンバー「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」を手掛けたジェイミー・スコット、ジョン・ライアン、ジュリアン・ブネッタの3人がソングライティングとプロデュースを担当している。今週はデジタル・セールス・ポイントのみでのエントリーとなったが、今後ラジオのエアプレイ・ポイントを蓄積し、ミュージック・ビデオも公開されれば、大幅にポイントを伸ばし、1位に君臨し続けるカーリーを脅かす存在になることは間違いないだろう。また、「ドラッグ・ミー・ダウン」が解禁されたことで、2012年リリースの「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」が再びTOP20圏内にランクインしている。

 先日9月にニュー・アルバム『エヴリ・オープン・アイ』をリリースすることを発表したチャーチズの新曲「リーヴ・ア・トレース」は今週19位、続く20位には『FNS27時間テレビ2015』にてフィーチャーされて話題となった2アンリミテッドによる90年代の大ヒット・ナンバー「ノー・リミット」が初登場している

関連記事リンク(外部サイト)

8月10日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
ジャニーズWEST「バリ ハピ」が、セカオワ、AAAを押さえビルボード総合首位獲得
V6、20周年記念ベストALがドリカムを抑え首位

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。