ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Especia 常識覆すアクト(予測不能なCLASHメドレー/同じフレーズを合計72回等)で真夏のアイドルフェス彩る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最新シングル『Aviator/Boogie Aroma』をリリースしたばかりのEspecia。8月1日と2日 お台場・青海周辺エリア一帯で開催されたアイドルフェス【TOKYO IDOL FESTIVAL 2015】に出演し、清涼感とユーモアに溢れるアクトを繰り広げた。

Especia キュートなTIFライブ写真一覧

<おそらくTIF全出演者の中で最も清涼感溢れるパフォーマンス>

 昨年の【TOKYO IDOL FESTIVAL 2014】(http://bit.ly/1sr1qkN)では、各メンバーのパートを絶妙にシフトさせながらキラーチューン「No1 Sweeper」を連発したり、屋上ライブで1曲分丸ごとパフォーマンスせずに記念撮影を続けたり、他のアイドルとは異なる拘りを見せながら、異彩を放っていたEspeciaだが、今年はまず朝10時20分~の湾岸スタジオ内DOLL FACTORYに登場。ミディアムチューン中心のセットリストながらも、明らかに昨年よりレベルアップしたダンス、歌唱難易度の高いムーディーなR&Bナンバーを歌いこなせるだけの歌唱力でもって観る者を唸らせる。

 続いて、ガンダムがそびえ立つ真っ昼間のダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場(FESTIVAL STAGE)では、灼熱の太陽光を浴びながらも爽やかな笑顔を崩すことなく、おそらくTIF全出演者の中で最も清涼感溢れるパフォーマンスを展開。夏にピッタリのナンバーばかり畳み掛け、汗だくでうな垂れそうなオーディエンスの気持ちを晴れやかにしていった。

<憧れのZeppステージで、予測不能な展開をするCLASHメドレーに挑戦>

 そして初日最後のステージとなるZepp DiverCity(TOKYO)(HEAT GARAGE)では、目標にZeppツアーを掲げる彼女たちにとっては特別な会場ということもあってか、先までの清涼感の真逆をいく暑苦しいほどの爆音、DJ KAORIを彷彿させる効果音「ププププゥーン!」も鳴り響くド派手なトラックの上で、CLASHメドレーを披露。「No1 Sweeper」「YA・ME・TE!」「パーラメント」「ミッドナイトConfusion」「海辺のサティ」「アバンチュールは銀色に(PellyColo remix)」「We are Especia~泣きながらダンシング~」とキラーチューンばかりが目まぐるしく切り替わる、予測不能な展開をするミックスに必死に喰らいついて歌い踊るという、Especiaにしか出来ないインパクト大のアクトを堪能させてくれた。

<同じフレーズを延々と繰り返す(合計72回)常識覆すアクト>

 また、2日目は、昨年は1曲分丸ごとパフォーマンスせずに記念撮影を続けた湾岸スタジオ屋上(SKY STAGE)にて、新曲「Boogie Aroma」の「べびあむじゃすてぃんらびじゅーおーべびあむじゃすてぃんらびじゅーべびあむじゃすてぃんらびじゅーおーれいでぃ(途中から、ららららららららららららららららららららららららららららおぉべぃびぃ)」というフレーズを延々と繰り返し(合計72回)、観客にも「もっともっと」「一緒に!」と笑顔でシンガロングを求め続けるという、これまた常識を覆すアクトでもって【TOKYO IDOL FESTIVAL 2015】に傷痕を残してみせた。

 そして最後は、フジテレビ新社屋1階の野外ステージ(マイナビステージ)にて「We are Especia~泣きながらダンシング」「ミッドナイトConfusion」と代表的なパーティーチューンを叩き付ける直球勝負。夕方とは言えまだまだ日差しも強く気温も高い状況下だったものの、オーディエンスを右へ左へ激しく揺らしながら、腕を上げて大いにはしゃがせながら、満面の笑みで爽快に歌い踊り、Especiaなりの【TOKYO IDOL FESTIVAL 2015】を楽しく美しく締め括ってみせた。

 なお、今夏のEspeciaはこの先も様々なイベントに出演。この2日間以上に楽しいライブも繰り広げてくれるはずなので、TIFで気になった人はぜひぜひ足を運んでみてほしい。

取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:Jumpei Yamada、内山直也

関連記事リンク(外部サイト)

Especia特集インタビュー「Especiaフェス~愛しの東京女子流へのラブコール」
Especia MVフル公開&映画にもなった伝説のホール“味園ユニバース”でリリパ
Stereo TokyoがEspecia/Faint★Star/WHY@DOLLら出演のイベント【ガチ恋!】SUMMER OF LOVE 2015出演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP