ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誰でもできる!スマホで「3Dホログラム」を表示する方法が、楽しそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。

まずは、以下の5つの動画を見てみましょう!

01.
クラゲ

02.
蝶々

03.
リング

04.
花火

05.
お化け?

 

見てわかるとおり、これらはすべてスマホの画面に表示された映像を立体にしたもの。やってみたくなったでしょう?

必要なものは、それほど多くありません。

01.方眼紙
02.CDケース
03.テープ/(グルーでも可)
04.ペン
05.ハサミ
06.スマホ
07.ナイフ/(カッターでも可)

まず最初に、方眼紙に図形を描いて切り取り、台形の型紙をつくります。
寸法は上底1cm×高さ6cm×下底が3.5cm。

次にCDケースの面の端を折って、小さなプラスチックプレートにします。

 

作った台形の型紙に合わせて、プラスチックケースをカット。

 

切り取った4枚のプレートをテープなどで接着し、ピラミッドのような立方体を作ります。

 

あとはテープで固定して、スマホにのせるだけ!
明かりを消したら…。

 

もちろんこれには、3Dホログラム用につくられた特殊な映像が必要になりますが、YouTubeで「Pyramid Hologram Screen Up」と検索すると、たくさん出てくるのでご安心を。友達をアッと言わせるために、こっそり試してみてはいかが?

Licensed material used with permission by MrWhoseTheBoss

関連記事リンク(外部サイト)

日本人が開発!「触れられる3D映像」が世界中で話題。空中に浮くキーボードやディスプレイが現実に・・・
6時間睡眠は、飲酒状態と同じ?しかも、寝不足の回復には数ヶ月かかることも・・・
翼を「自己修復」する飛行機が開発された・・・スマホの傷が「勝手に直る」日も近い!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP